“女版”トランプ!?高嶋ちさ子、超短気な暴言キャラでバラエティ需要が拡大

アサジョ

“女版”トランプ!?高嶋ちさ子、超短気な暴言キャラでバラエティ需要が拡大

 今年2月に「ルール違反した息子のゲーム機をバキバキに折った」と新聞のコラムで明かし、ネットで大炎上したのは、バイオリニストの高嶋ちさ子である。

 短気な性格で知られ、「ゲーム機バキバキ事件」のほか「相手に電話してワンコールで出ないと激怒する」「番組ADが仕事を辞めようとしたほど叱り続けた」といった数多くのブチ切れエピソードを持つ。

 ところが、意外やテレビ業界では彼女を「ブチ切れキャラ」として重用する傾向が出てきたという。キー局のディレクターが語る。

「とりあえず高嶋さんに出てもらって、キレてもらえれば、バラエティ的には成功ですよ。最近、高嶋さんや脊山麻理子さんといった『本気でキレる人』の名前が会議でよく出てきます。これから、ブチ切れキャラの出番はもっと増えるでしょうね」

 このところ、バラエティ界ではネットの反応を見計らい、「暴言キャラ」のニーズが高まっているという。

 アメリカ大統領選挙で「暴言王」ドナルド・トランプが旋風を巻き起こしている中、高嶋が日本で「暴言女王」として君臨する日も近いかもしれない。

(白川健一)

「“女版”トランプ!?高嶋ちさ子、超短気な暴言キャラでバラエティ需要が拡大」のページです。デイリーニュースオンラインは、高嶋ちさ子ドナルド・トランプバイオリニストエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧