「私は裏切り者じゃない」工藤静香が怒りの反論に至ったワケとは (2/2ページ)

デイリーニュースオンライン

■キムタクの気持ちを代弁

 確かに、工藤は独立問題について「それぞれの価値観の問題」「なのに、どうして私たちが“裏切り者”呼ばわりされなきゃならないの!」と、感情的になっている。

「もっとも良くないのは、工藤が“自分とSMAPは関係ない”と言いながら、キムタクの代弁をしている点です。コンサートに対するキムタクの考えを尋ねると、工藤は『こうなった以上、難しいでしょうね』と、推測。さらに、解散発表後初の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録については、スタッフの気遣いがかえって申し訳なかった──そう言っていたと漏らしている。夫とはいえ、アイドルの本音を妻が明かすのは、ファンを無視した行為。工藤もそのルールは分かっているはずですが、すっかり“悪者夫婦”になってしまったことで、我慢の限界だったのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)

 2人の娘を持つ工藤が、子どものためにも自分たちの汚名を晴らしたいと思う気持ちは、当然かもしれない。果たして今回のインタビューは、どれだけ世間に受け入れられるのか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
「「私は裏切り者じゃない」工藤静香が怒りの反論に至ったワケとは」のページです。デイリーニュースオンラインは、メリー喜多川工藤静香SMAP木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧