SMAP解散が原因?ジャニーズ番組の視聴率が軒並み”暴落” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

視聴率の低下は事務所の求心力を招く
視聴率の低下は事務所の求心力を招く

 ジャニーズ事務所所属のタレント出演番組に今、ある異変が起きている。

「ジャニタレの番組の視聴率が目下、軒並み悪いのです。9月25日に放送された山田涼介らHey! Say! JUMPが出ている『スクール革命!』(日本テレビ系)は6.9%。同日放送の嵐・二宮和也(33)がMCを務める『ニノさん』(日本テレビ系)は6.4%。これらはいずれも、かつてはプラス1~2%は加算されていたはず。9月10日に放送された『今景気イイ芸能事務所に潜入! 関ジャニ特命捜査班7係』(日本テレビ系)は、好調な日テレのゴールデンタイムにも関わらず9.5%のひとケタに終わりました。前回は12.4%という及第点だったのですが……」(エンタメ誌ライター)

 中でも、関ジャニの低調は深刻だ。『関ジャム 完全燃SHOW』という音楽トーク番組をテレビ朝日系列で夜11時台に担当しているが、この数字が9月25日放送分は3.7%という驚異的な低視聴率。番組関係者は、

「そもそも『関ジャム』は企画次第で乱高下が激しいのですが、それでもこの数字はいただけない」

 と頭を抱える。一体どうしてこれほどまでに暴落してしまったのだろうか。

「SMAP解散が原因?ジャニーズ番組の視聴率が軒並み”暴落”」のページです。デイリーニュースオンラインは、日テレSMAP視聴率解散ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧