小栗旬が芸能界批判!現在のテレビドラマ業界の問題点をブッタ斬った

アサ芸プラス

小栗旬が芸能界批判!現在のテレビドラマ業界の問題点をブッタ斬った

 11月8日、映画「ミュージアム」で主演を務める小栗旬が「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に出演し、小栗が中高生時代を過ごしたという吉祥寺をウエンツ瑛士と散策。小栗が昔家族とよく行ったという焼肉店で、テレビドラマ業界について熱く語った。

「お酒を飲んで小栗のスイッチが入ったんでしょうね。今のテレビドラマ不振はギリギリのスケジュールでバタバタと作るこの体制がダメだとブッタ斬り。脚本が2話くらいしかできていないと、内容が面白くなくても役者は意見を言うこともできず、撮影に追われることになってしまうのはおかしいという持論のようです。小栗自身は、半分以上脚本ができていないものについてはオファーを受けないという主義なんだとか。その後もどうすればいいのか、何がいけないのか、放送できない部分も含めて辛らつな芸能界批判があったようです」(エンタメ系ライター)

 小栗といえば、瑛太や鈴木亮平、三浦春馬、藤原竜也など仲のいい若手役者たちと熱く演技論を語り合うこともあるという。近年は「役者のユニオンを作りたい」など芸能界の構造改革とも言える突っ込んだ発言をしているとも言われている。出演番組でも熱い思いがあふれ出てしまったのか。それとも視聴者の共感を得るため、わざと発言したのか。

(伊藤その子)

「小栗旬が芸能界批判!現在のテレビドラマ業界の問題点をブッタ斬った」のページです。デイリーニュースオンラインは、火曜サプライズミュージアム小栗旬エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧