大島優子の「AKBはみんなブスだった」発言が炎上しなかった理由

アサ芸プラス

大島優子の「AKBはみんなブスだった」発言が炎上しなかった理由

 元AKB48大島優子が11月16日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。現在のAKB48について「みんな可愛い」と絶賛し、返す刀で「私たちがいた時は可愛くなかったから。みんなブスだったんです」と、かつての仲間たちを斬り捨てるシーンが流れた。アイドル誌のライターが言う。

「AKB48には、クラスで3番目に可愛い子を集めたという噂があります。総合プロデューサーの秋元康氏はこれを否定していますが、『完成された子は落とす』方針だったことは認めており、ルックス面での即戦力を求めていなかったのは明らか。さすがに『ブス』は言いすぎでしょうが、確かに今のメンバーのほうが完成されている顔立ちのコが多いですね」

 その秋元氏は大島について、「売れなくなるとはどういうことかわかっている。だから与えられたチャンスを絶対にムダにしない」と評していた。その言葉どおり、大島は握手会でも取材でも全力で臨み、多くのファンを獲得していったのである。今回の「ブス発言」がネット上で炎上騒ぎになっていないのも、「優子が言うならまあいいか」と納得するファンが多かったからかもしれない。

(金田麻有)

「大島優子の「AKBはみんなブスだった」発言が炎上しなかった理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、TOKIOカケル秋元康大島優子AKB48エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧