実は面識がなかった?ASKAが井上公造に猛反撃の新展開 (2/2ページ)

デイリーニュースオンライン

■著作権無視のミヤネ屋で遺恨?

 ASKAは釈放後、かねてから頻繁に情報を発信していたブログを更新した。「尿とお茶」と題したタイトルの記事では、尿検査の際にお茶を入れたかについて触れているが、注目したいのは、話の内容が途中から芸能リポーターへの批判にすり替わっている点だ。以下、引用すると、

<僕と親しいと語るある芸能レポーターは、テレビで僕のことを、こう説明していました。 「ASKAさんが私に、世界的な組織に狙われてるというんですよ。」 僕を病気であるかのように、世間に広めました。 >

 ASKAはこの人物とは直接面識がないとし、さらにテレビ番組のなかで未発表の楽曲を流されたことについても強い不信感を隠さない。

「ASKAは、名前こそ明かしていませんがあきらかにリポーターの井上公造さん(59)を指しています。井上さんも『まさかの展開』は想像してなかったのでしょう。この日本に『覚せい剤入りのお茶』が市販されているわけはなく、釈放されてもASKAに対する疑いが晴れたとは言い難い。ただ、著作権を無視して曲を放送中に流していいはずがないのも事実です。『逮捕、起訴され、今度こそ実刑だ』と決め打ちしてなければ、できない行為。ウチも人のふり見て我がふり……という思いを新たにした一件でした」(前出・週刊誌デスク)

 井上氏から反論は聞こえてくるのだろうか。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。
「実は面識がなかった?ASKAが井上公造に猛反撃の新展開」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能人逮捕井上公造覚せい剤ASKAエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧