木村拓哉、MIYAVIが手がける”ソロデビュー計画”に賛否両論

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 昨年12月末でグループとしての活動に終止符を打ったSMAP。メンバーの一人、木村拓哉(44)は今年1月期のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の主演を務め、またの主演映画『無限の住人』の公開を4月29日に控えるなど、演技の仕事が続いている。しかし、「週刊SPA!」4月11・18日号(扶桑社)のインタビューで、「SMAP」の名が取れた現在の肩書を問われると、「なんですかね……。『出演者』かな?」「役者だってとても言えないですね」と回答していた。

 長年アイドルとして、歌や踊りでファンを魅了してきた木村だけに、今後の音楽活動の展開はファンも注目するところ。そんな木村が、20日放送の音楽番組『SONGS』(NHK総合)で海外を活動拠点にしているギタリスト・MIYAVIと対談。アーティストとしての木村の可能性を信じて疑わないMIYAVIから熱い言葉が飛び出したのだが、その一部が賛否両論を呼んでいる。

 もともとSMAPには「Top Of The World」「Otherside」とシングル2曲を提供し、ステージでもコラボ経験がある2人。メールアプリ「LINE」で直接連絡を取り合うほどの仲のようで、番組冒頭からMIYAVIは、木村に「日本の顔であってほしい」と熱い言葉を投げかける。そして番組中盤では、「どうなんすか? ぶっちゃけ」「この前、送ったじゃないですか、ソロデビュー曲」と、LINEに木村ための新たな楽曲のギターリフを添付したことを明かした。木村は「こいつ、本当に送ってくるんだよ。マジで」と笑いながら周囲のスタッフに明かしつつも、ソロデビューについては明言せず。そんな木村にかまわず、MIYAVIは終始「もうすぐアルバムできるんで」と強引に話を進めていた。

 これを見ていたファンからは、「MIYAVIみたいにグイグイくる人が木村拓哉には必要です」「MIYAVIが作った曲を歌う木村くん、見てみたい」と好意的な意見がある一方で、「ソロデビューはうれしいような、複雑な心境。歌って踊るのはやっぱり5人じゃないと」「木村拓哉の歌は聞きたいよ? でも今のタイミングでのソロ推しは、かなり胸が苦しくなるよ。木村くんが頷かなかったことが救い」「ソロデビューはやっぱり受け入れられない……私はSMAPの中で歌う木村くんが好き」と、時期尚早という指摘やSMAP復活を願う声も。

 木村自身はソロデビューの有無について明言はしなかったものの、「これから音楽っていうカテゴリーが自分の中にどう存在してくるかわからないけれど……この人とだったら納得して、自分立てるなっていう人との巡り合わせじゃないかな」と、ためらいながらも言葉を探り当てていた。

 とはいえ、「次の『SONGS』はぜひ(パフォーマンスを)」(MIYAVI)、「やるんスか?」(木村)、「やるっしょ!」(MIYAVI)といったやり取りや、番組最後に映し出された直筆メッセージに「LET’S ROCK THE FUTURE」(MIYAVI)、「Let’s have a “Next!!”」(木村)とあったことを考えると、木村もパフォーマンスを披露すること自体には前向きな考えがあるよう。

 現在佳境を迎えている『無限の住人』の宣伝活動が終わり次第、長期休暇に入ると言われている木村。彼が活動を再開するときに、音楽活動への道筋は立っているのだろうか。

文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)
※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

【関連記事】

「SMAPがなくなったわけではない」、木村拓哉が『報道ステーション』で胸の内を明かす

中居は『アメトーーク!』に、木村は『あさイチ』でイノッチと共演!? 意外な番組に出演でファンも期待

激怒する木村ファンと「計算だ」とかばう道重ファン……道重さゆみの「キムタク」呼びが波紋

木村拓哉が職業を問われ、「役者とはとても言えない」「歌や踊りは求められたら」

「木村拓哉、MIYAVIが手がける”ソロデビュー計画”に賛否両論」のページです。デイリーニュースオンラインは、MIYAVISMAP木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧