北朝鮮のミサイル暴挙には抗議せず「日本が悪い」を連呼する謎の人々 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Photo by Korean Central Television
Photo by Photo by Korean Central Television

 雨ばかり続いた8月の末。今度は天から物騒なものが、襟裳岬の東方約1180キロ地点に落下してきた。飛行距離約2700キロ、高度約550キロを飛んできたそれは、まごうことなく北朝鮮から飛来した弾道ミサイルだった。

「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、地域の平和と安全を著しく損なうものだ。国民の安全、安心の確保に全力を期す」(安倍晋三首相・62)

 という声明が出たのも、むべなるかな。

 北朝鮮の<ミサイル>が日本上空を通過するケースは初(注1)。もはや危機というより実質的に戦争状態だけに、日本政府も迅速に対応。ミサイル発射を確認すると同時に全国瞬時警報システム(Jアラート)で発射情報と通過情報を発信した。早朝にスマホ等から警告音が鳴り、一部の電車が止まるなど緊迫した状況となったのは周知の通り。

 場合が場合だけに致し方ないことだと思うが、これに不満を漏らし、批判する方々がいた(注2)。

 「マジでこんなんで起こすなクソ」(実業家・堀江貴文氏・44)

 「アラートが出てから、日本上空を通過したのが5分後。どうすりゃいいの?って」(キャスター・安藤優子氏・58)

「(アラートと上空通過の時間を挙げ)これが実態(であって役に立たない)」(衆院議員・上西小百合氏・34)

「何やらおどろおどろしい。ちょっと騒ぎ過ぎ。北の脅威を煽っているものがいるのか」(元ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏・77)

 などなど。これらは一部であり、ワイドショーなどでは軒並み、「騒ぎ過ぎ」「Jアラートの有効性に疑問」「税金の無駄遣い」というトーンで疑問視する報道が多かった。

「北朝鮮のミサイル暴挙には抗議せず「日本が悪い」を連呼する謎の人々」のページです。デイリーニュースオンラインは、Jアラート安倍晋三北朝鮮連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧