今井絵理子はハートが強い?辞任圧力にも屈しない”鈍感力”に大ブーイング

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 今井絵理子参院議員(33)が議員10数名に出世のお祝いとして「ビール券」を贈っていたことが、8月31日発売の『週刊新潮』(新潮社)に報じられた。記事によれば、今井は今月3日の第三次改造内閣で出世した国会議員10数人に、1人10枚のビール券を贈ったとして、公職選挙法違反の疑いが持ち上がっている。

「子供でも分かる公職選挙法違反に党の幹部たちも呆れています。ただでさえ、クリーンなイメージが大切な10月の衆院3補選前に、略奪不倫騒動に加えて今回のビール券問題。党は除名も辞さない構えで反省をうながしている。しかし今井はまだ橋本健・神戸市議(37)とも別れず、党本部の部会に出たり派閥の幹部にお詫び行脚をしたりとやる気マンマン。橋本はすぐに辞任したのに、鈍感なのか相当ハートが強いのか。上原多香子(34)同様に並外れたメンタルの強さを感じます」(週刊誌記者)

 この事件には、同日の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で宮根誠司(53)も「国会議員としてどれだけ勉強されているのか?」とピシャリ。コメンテーターの梅沢富美男(66)も「頭悪すぎますよ」と酷評した。また『バイキング』(フジテレビ系)の坂上忍(50)も「この人は何も知らないのかね」とコメントしている。だが、今井の政治的無知はいまにはじまったことではない。

「初当選の16年7月10日の時から『TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)で池上彰(67)に沖縄の米軍基地問題について質問されるが答えられず、「これから勉強します」と迷言を残しました。しかし、後の「資産等報告」から今井が当選した時点ですでに米軍基地の軍用地主であったことが判明しています。沖縄基地に1億円近い資産がありながら、基地についての考えを持ち合わさない「無関心ぶり」に政治家としての資質を疑います」

 今回の初歩的な公職選挙法違反に「これから勉強する」という言い訳は通用しない。得意の「子供・福祉問題」でも、同級生の元恋人に3週間の「育児放棄」を暴露されている。今井は自分に投票した32万人近くの有権者の前で、堂々と進退を示してほしいものだ。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。
「今井絵理子はハートが強い?辞任圧力にも屈しない”鈍感力”に大ブーイング」のページです。デイリーニュースオンラインは、今井絵理子SPEEDエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧