【プロ野球】4年ぶりに決戦の舞台に帰ってきた西武。正攻法から秘策まで、硬軟交えた戦略でCSを突破せよ! (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

正攻法から秘策まで、硬軟交えた戦略でCSを突破せよ!
正攻法から秘策まで、硬軟交えた戦略でCSを突破せよ!

 10月14日から、いよいよクライマックスシリーズ(以下、CS)が開幕する。

 筆者が応援する西武は2013年以来、4年ぶりの出場。当時も今季と同じく2位で挑んだが、3位のロッテに下克上を許して散った。

 今回のファーストステージは相性のいい楽天が相手とはいえ、同じ轍を踏むわけにはいかない。むしろ死に物狂いで向かってくる楽天の勢いを受け止め、そのうえで引導を渡せないようでは、苦手なソフトバンクと戦うファイナルステージでの勝利などおぼつかないだろう。

 そこで今回は、いかにして西武がCSで戦うべきか。その戦略を練ってみた。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■真っ向勝負で楽天を粉砕!

 まずはファーストステージの楽天戦から、「打撃陣」と「投手陣」に分けて考えてみよう。

■打撃陣
 10月2、3日、CS地元開催をかけた楽天との2連戦を1勝1敗で切り抜けた西武。3日の試合では、楽天先発の美馬学に対し打率4割超と相性のよかった外崎修汰を1番に据えるなど、奇策を講じた。

 ただファーストステージでは、楽天投手陣全体に対して打率.388の好成績を残している秋山翔吾を1番に固定して臨みたい。則本昂大、岸孝之、美馬、藤平尚真らCSでの登板が予想される楽天の先発陣からも、軒並み3割を超えるアベレージを出しているだけに、秋山が切り込み隊長の役目を果たし、しっかりと主導権を握っていきたい。

 塁に出たリードオフマンを還すのは、3番・浅村栄斗からのクリーンアップ。浅村はシーズンのラスト5試合こそ打率.158と低迷したが、打順が3番だったり5番だったりと猫の目の起用だったことも影響したはず。

 9月18日から10月1日にかけては、3番で9試合連続安打、7打点をマークしていただけに、慣れた3番で気持ちよく打たせたい。

 万が一、浅村が不調を引きずっていても、後ろには楽天戦で7本塁打の山川穂高と、打率.514の森友哉が控えているので得点の可能性は十分だ。

■投手陣
 続いては投手陣。西武の先発から予想していきたいが、十中八九、初戦は今季の楽天戦で8戦8勝の菊池雄星、2戦目は同3勝で防御率1.78の十亀剣になるだろう。

 おそらく楽天は初戦に則本を立ててくると思われるが、超短期決戦だけに西武もエースで応戦したい。菊池は10月3日の楽天戦で3失点し、あわやのシーンも作ってしまったため、気合を入れ直してくることは間違いない。

 本気の本気になった菊池がいい流れを作ってファーストステージを突破すれば、ファイナルステージも俄然期待が高まる。

「【プロ野球】4年ぶりに決戦の舞台に帰ってきた西武。正攻法から秘策まで、硬軟交えた戦略でCSを突破せよ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、西武ライオンズ野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧