嵐・二宮和也の番組であわや放送事故「自主規制音」が入りまくったワケ

デイリーニュースオンライン

Photo by LAYW(写真はイメージです)
Photo by LAYW(写真はイメージです)

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ『BAY STORM』(bayfm)6月3日放送回では、現在放送中の二宮主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の最終回について語られた。しかし、“ネタバレ”オンパレードの内容だったため、自主規制音が入りまくるという“放送事故”状態でファンを驚かせていた。

 第4話の最後、小泉孝太郎演じる高階権太が書いた論文が出てくるのだが、この論文に二宮や嵐メンバーが過去に演じたドラマや映画の役名が記されており、これがファンの間で話題に。ラジオでもリスナーから「二宮くんはこれに気づいてましたか?」という質問が届いていた。しかし二宮は「へえ~」と驚きながら、「気付いてません! そんなとこ見てないもん」とキッパリ。「話題になってたの?」と興味を示しながらも、「やっぱりさ、論文の(一番)最後に誰の名前があるかっていうところでしか私、楽しんでないから。その上にいっぱいいろんな人の名前が書いてようと……全然気にしてなかったな」と語っていた。

 さらに二宮は、「ボクはもう、ある程度、最後まで知ってるんで」と今後の展開を語り始める。そして「そんな人に質問できる、こんなチャンスないですよ」とスタッフを煽る。ここでなにやらスタッフから質問があったようで、二宮は怒涛のごとく“ネタバレトーク”を開始。しかし、最終回まではまだ数話残しているため、「佐伯(清剛)先生との関係ですか? だから佐伯先生が飯沼達次って人の『ピー』、あの~『ピー』。それを、『ピー』……」と、二宮が話せば話すほど、放送が規制音だらけに。

 苦笑するスタッフを、二宮は「え? だって聞いてきたから。フフフ(笑)」「え? そこまで詳しく聞いてないの?」とイジりまくり。さらに「『ピー』の入れどころ難しいよ。意外と重要じゃないと思ってたところが……。今オレ、全部言ったからね、最終回の話」と面白がりながら、「今6月か。あと4週ぐらいあるけど、全部今言ったから! 忙しい人はこのラジオ、どうにかして『ピー』を消して聞けば。最終回忙しくて見れないって人いれば。ボク今、全部しゃべったから」と軽口をたたいていた。

 とはいえ、『ブラックペアン』は海堂尊の小説『ブラックペアン1988』(講談社文庫)を原作としたドラマであるため、二宮は「極論だよ。原作があるんだもん、って話」と開き直ってしまう。先ほど話したネタバレは原作に即したものだとしながら、「原作は確かそんな流れだったんだけど。オレ、ちょっとね、そこは戦おうと思っていて」と脚本の変更を示唆する発言をポロリ。“二宮案”が採用されるかどうかについては、「それはさ、最終回終わった時ぐらいのさ、ラジオで言おうよ。どうなったかって」と明言したのだった。

 6月10日に第8話が放送となる『ブラックペアン』。視聴率も6月3日放送の7話は13%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調をキープしているが、二宮の最終回案は受け入れられるのだろうか? いろいろな意味で、最後の最後まで目が離せない。

文・ジャニーズ研究会(じゃにーずけんきゅうかい)
※ジャニーズを愛する有志による記者集団。『ジャニーズ50年史』『完全保存版ジャニーズの歴史――光も影も45年』『ジャニーズに捧げるレクイエム』(鹿砦社)など多数の出版物を刊行。

【関連記事】

『ブラックペアン』第7話、手術ではなく“潜入捜査”で悪事を暴く二宮の姿にファンも大興奮

嵐・二宮和也、愛しき後輩・Jr.西畑大吾とジャニーズWESTの接し方の差があまりに露骨!

相葉雅紀の親友・風間俊介の「次は“チーム相葉大好き”で来たい」発言で、ファンのメンバー予想が白熱

「コンサートの合間も○○してた」、船舶免許を取った大野智の猛勉強を二宮和也が暴露!

「嵐・二宮和也の番組であわや放送事故「自主規制音」が入りまくったワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、二宮和也エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧