体操・宮川選手をテレ朝がなぜ呼び捨てで批判?塚原夫妻を全力擁護の”黒いワケ”

デイリーニュースオンライン

体操・宮川選手をテレ朝がなぜ呼び捨てで批判?塚原夫妻を全力擁護の”黒いワケ”
体操・宮川選手をテレ朝がなぜ呼び捨てで批判?塚原夫妻を全力擁護の”黒いワケ”

 体罰を理由にコーチが処分された宮川紗江選手(18)が逆に日本体操協会を「パワハラ告発」した問題で、同ニュースを扱うテレビ朝日の姿勢に批判が集まっている。

 30日朝、テレビ朝日では『モーニングショー』に同局のスポーツコメンテーター・宮嶋泰子氏が登場。日本体操界を40年取材してきたという見地から、今回の騒動を解説した。宮嶋氏は協会の副会長・塚原光男氏が自宅前で語った「なぜ彼女があんなウソを言うのか。ウソが多いから今日プレスリリースをします。会見は必要だったらします」との発言を紹介。その上で「(宮川選手のコメントは)外にアピールするための発言です。私が見てもこれ違う、誤解だと分かる内容だった」と終始、協会側を擁護したのだ。

 そして、宮川選手の「私を朝日生命に入れる上でコーチの存在が邪魔だった。(同クラブの幹部である)塚原千恵子強化本部長が関わったことは間違いない」とする声明にも、宮嶋氏は「朝日生命クラブの体育館はナショナルトレーニングセンターの代わりに指定されている。(朝日生命に誘われたのは)”いつでも練習していいのよ”という意味だったのを誤解した」と説明した。

 この塚原夫妻を全力でかばう姿に、ネットSNSメディアからは違和感が続出。「たしかに協会を悪者にするのは早い」という賛同も少数見られたものの、多くの視聴者が「全力で協会を擁護! ここまで偏ったコメンテーターは珍しい」「あからさまな体制側の人間。第二の横野レイコみたい」「どこの世界にも協会ベッタリの取材記者っているんだな」などといった批判を持ったようだ。

 だが、この宮嶋氏の”エコヒイキ解説”はこれだけではなかった。さらに、同日の『報道ステーション』にも出演し、強化本部長・塚原千恵子氏の「私は一度も、選手を勧誘したことはない。40年間一度も」との発言に対し、「びっくりしました。誤解があったみたいです」と驚いてみせていた。そして、番組中に宮川選手を「みやかわ」と呼び捨てにしている様子もSNSで物議を呼んだようだ。

 番組の中で、小川彩佳アナが「(宮川選手が)”18年で一番の勇気を出している”というほど追い詰められた物は何だったのかスッキリしない」と納得いかない様子で訴えるも、宮嶋氏は「アスリート委員会を作れば良い」と論点をズラしていた。

 ここまで宮嶋氏があからさまな偏向解説をする背景には何があるのか。40年の取材経験が逆に足かせとなる癒着を生み、近視眼にしているのもあるだろう。だが、じつは宮嶋氏は日本体操協会の下部組織である「公益社団法人日本新体操連盟」の理事でもあるのだ。もはや切っても切れない関係なのは、間違いない。では、なぜこれだけ視聴者に反発される宮嶋氏を、テレビ朝日は使い続けるのか。その背景には、10月に同社が放送を予定する『世界体操2018』への配慮が大きいようだ。

 もちろん宮川選手側、協会側ともに支持する意見があってしかるべきだ。しかし、18歳の勇気ある告発を、大のオトナたちが局をあげて潰しにかかってる状況は見るに耐えない。パワハラ問題が無事解決し、選手が体操に打ち込める環境が出来上がることを祈りたい。

「体操・宮川選手をテレ朝がなぜ呼び捨てで批判?塚原夫妻を全力擁護の”黒いワケ”」のページです。デイリーニュースオンラインは、宮川紗江日本体操協会テレビ朝日エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧