『イッテQ』に再び非難の嵐!? 過酷パフォーマンスに視聴者ドン引き「イモトがかわいそう」 (1/2ページ)

日刊大衆

『イッテQ』に再び非難の嵐!? 過酷パフォーマンスに視聴者ドン引き「イモトがかわいそう」

 12月16日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、イモトアヤコ(32)が挑戦したパフォーマンスが「ものすごい不快」だと視聴者から批判が殺到した。

 “珍獣ハンターイモトワールドツアーinメキシコ”では、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のアニメ映画『リメンバー・ミー』で世界的に知名度が上がった“死者の日”をイモトがリポート。“死者の日”は、日本でいうところのお盆にあたる日なのだが、メキシコでは、先祖の霊を迎えるために墓石を飾りつけ、ライトアップし、ガイコツなどのフェイスメイクをしてお墓を練り歩く。そんなメキシコの文化と風習をリポートしたイモトだったが、訪れた国のパフォーマンスをプロと一緒に披露する恒例の企画で問題が起こった。

 イモトが挑戦するメキシコ伝統のペアダンス「ケブラディータ」は、女性がコマのように回るアクロバティックなダンスで、素人が挑戦するにはかなり難しい。そこでスタッフが代わりに用意したのは、米国で人気の“ヒューマンファウンテンズ”という男性3人組の水芸。映画『タイタニック』の音楽をバックに、口に含んだ水を細く吹き出し、アーチを描く技だ。イモトも「バカだねぇ。子どもが大好きなやつじゃん」と楽しげに見ていたが、後半になると表情が一変。口から出した水を顔面で受け止める技や、口の中の水を直接相手の口に入れて隣につないでいく“口移しバケツリレー”が始まると、イモトも顔をしかめていた。しかも、口移しされた水は、最後のパフォーマーが飲みこんでいたため、イモトはドン引き。

 彼らと客前で水芸を披露することになったイモト。

「『イッテQ』に再び非難の嵐!? 過酷パフォーマンスに視聴者ドン引き「イモトがかわいそう」」のページです。デイリーニュースオンラインは、世界の果てまでイッテQ!内村光良イモトアヤコ宮川大輔日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧