ASKA「チャゲアス」への愛情を語るも「まずはCHAGEに謝れ」

まいじつ

ASKA「チャゲアス」への愛情を語るも「まずはCHAGEに謝れ」

1月17日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に歌手のASKAが出演。昨年歌手活動を本格的に再開させたASKAが今の心境や『CHAGE&ASKA』の再結成に向けた思いを口にした。

番組では過去に3000万枚以上のCD売り上げを記録したASKAの過去を明かしつつ、昨年、5年ぶりに開かれたツアーにも密着。坂上忍とASKAはツアーのVTRを眺めつつトークを展開した。

ツアー初日は風邪で高音が出ない中で臨んだこと、ASKA名義で会場を抑えることができなかったことを吐露。アメリカのオーケストラ演奏という名目で、ASKAがゲスト参加する形でツアーを組んだ「裏話」も明かした。

ASKAは1996年、ロンドンのクラブで見知らぬ男に誘われ、錠剤を口にしたものが薬物だったと告白。執行猶予期間の4年間は「いろんなことを妄想扱いされたことが辛かった」とし、盗撮被害に遭ったと自ら明かしたが取り合ってくれなかったことが「苦痛だった」と明かした。

坂上「もうクスリやってないですよね?」直球質問連発

「ニューハーフと付き合ってない」などと過去の報道を否定したASKAに、坂上は「どうしても聞きたかったことがある」と切り出し、言葉を選びながら「もうクスリはやってないですよね」と質問。ASKAは「うんうんうん」とうなずいた。

ダルクでリハビリ生活を送ったASKAは、CHAGEとは連絡を取っていないと明かしつつ「CHAGE&ASKAに対する愛情はお互いが持ち合わせている。確認できているのでそれで十分だ」と、将来的な再結成に向けた気持ちは胸にあると明かした。

ASKAのファンからは「ASKAを見ることができてよかった」との声があったが

《復活ライブうんぬんの前にCHAGEに謝りに行くのが先でしょ》
《簡単に薬やめれるような印象与える番組流すなよ。真に受けて薬に手を出すヤツが出てくるだろ》
《「CHAGE&ASKAの愛情はお互いが持っている」という言葉は真実だと思う。だからこそ、チャゲアスをぶっ壊したASKAをCHAGEは許さないと思う》

とASKAを批判する声もあり、視聴者の間で物議を醸していた。

CHAGEはどんな心境で放送を見ていたのだろうか。

「ASKA「チャゲアス」への愛情を語るも「まずはCHAGEに謝れ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、CHAGE&ASKAASKAエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧