土屋太鳳、弟で声優の神葉への溺愛ぶりに「羨ましい」「どうなの?」と賛否

日刊大衆

土屋太鳳、弟で声優の神葉への溺愛ぶりに「羨ましい」「どうなの?」と賛否

 7月22日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に声優の土屋神葉(23)が出演。姉の土屋炎伽(26)と土屋太鳳(24)から「愛されすぎて困っています」と告白。この炎伽と太鳳の弟への溺愛ぶりに驚いた視聴者は多かったようだ。

 “兄弟有名すぎ芸能人”という企画で、神葉は姉の太鳳について、「本当にスキンシップが多くて(ほっぺに)キスもするんですよ。さすがに恥ずかしいです」と話した。一緒に京都に行ったときも、事あるごとにハグをするなど、じゃれつかれて困惑しているという。

 一方、炎伽はスキンシップはそれほどではないが、よく財布やバッグなどをプレゼントしてくれるそうだ。声優イベントに出演するときは、基本私服らしいのだが、炎伽が「この服着なよ」と季節ごとに服もプレゼントしてくれるといい、神葉の服は炎伽好みのものが多いようだ。そして極めつきは、住む部屋まで勝手に用意していたこと。神葉は、「僕が引っ越すタイミングで“物件探さないと”と思っていたら、“神葉もう借りといたよ”と連絡がきて……」と明かした。敷金や礼金なども炎伽が払ってくれたそうだが、実はこの部屋、炎伽の部屋の隣の部屋。これに神葉は「本当にありがたいんですけど、いつかは自立しないといけないので。そろそろですね」と語り、姉の溺愛や援助から卒業する意思を見せた。

 とはいえ、神葉はまだ新人声優。声優の仕事だけでは食べていけず、焼肉屋、塾講師、建築現場で3つのアルバイトをかけ持ちしているという。MCの有吉弘行(45)から、「どこまで甘えるかだよね」とニヤニヤしながら聞かれると、「どうしましょうか?」と苦笑い。しばらくこの状況が続きそうな様子を見せていた。

 この土屋3姉弟の関係に、ネットでは「うちの姉ちゃんは今も昔も怖いからなぁ。羨ましい」「姉ちゃんが欲しくなったというか、太鳳ちゃんと炎伽さんの弟になりたい」「神葉さんのお嫁さんになる人は大変そうだな」「うちじゃありえないわ。そこまで仲いいのは」「おれも土屋太鳳の弟になりたかった」といった声が上がった。好意的な視聴者がいる一方で、弟との過剰なスキンシップは「どうなの?」という人もいた。

 次回は、ぜひ姉弟共演も見てみたい!

「土屋太鳳、弟で声優の神葉への溺愛ぶりに「羨ましい」「どうなの?」と賛否」のページです。デイリーニュースオンラインは、有吉ゼミ土屋太鳳有吉弘行エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧