またあり得ないミス!フジ、韓国の報復ニュースに「京アニ」献花台を誤挿入

Asagei Biz

フジテレビ
フジテレビ

 8月4日、フジテレビが、報道番組「Live News it!」(フジテレビ系)にて、テロップを誤ったと謝罪した。同番組は、京都アニメーション事件で犠牲になった武本康弘監督の同級生の話を伝えた際、テロップで「あんなアホいない」と表示したという。

「番組では、武本監督の同級生が『あんな天才いませんよ』と話した際、右上のテロップでは『あんなアホいない』と表示され続けました。その後、フジが正式に『多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます』と謝罪。一部スポーツ紙によれば、担当者は『〈あんな天才いない〉と発注したが、生放送で作業に追われている中で、字が乱雑だったことなども重なり、〈アホ〉と表記してしまった』と説明しているそうです」(テレビ誌記者)

 フジはこれまで、ドラマで使用した名刺のメールアドレスが「tsunami-lucky(津波ラッキー)」だったり、病院の「放射線科」を「放射能科」と表示するなど、不謹慎な演出を繰り返してきた。そのため視聴者からは「本当にただのミスなのか?」「フジだから故意の可能性を疑ってしまう」「普通なら判断できるはず」と、ネットが大炎上する事態となっている。

 さらに8月2日の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)でも、ありえない放送事故があったという。

「この日、番組では、日本のホワイト国除外決定に対して、韓国の文在寅大統領が『相応の措置を取る。正面対決を避ける道は日本が処置を撤回することだけだ』と表明したニュースをVTRで伝えました。その後、画面がスタジオに戻り、安藤優子キャスターが『韓国の相応の処置って何が考えられるんでしょう』と述べた瞬間、なぜか花やアニメのイラストが供えてある『京都アニメーション』の献花台の無音映像が、唐突に挿入されたのです。出演者も気がついていないのか、そのことに関する言及は一切ありませんでした。この謎の放送事故に対し、視聴者からは『これは酷すぎる』『フジは何を考えてるんだ』と、批判の声が相次ぎました」(前出・テレビ誌記者)

 このようなミスが立て続けに起きたことで、視聴者のフジへの不信感が高まっていきそうだ。

「またあり得ないミス!フジ、韓国の報復ニュースに「京アニ」献花台を誤挿入」のページです。デイリーニュースオンラインは、ホワイト国除外京都アニメーション事件文在寅大統領武本康弘安藤優子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧