フジテレビ“東大卒”新人・藤本万梨乃アナに「あの顔ではブレーク微妙」の厳しい声

週刊実話

フジテレビ“東大卒”新人・藤本万梨乃アナに「あの顔ではブレーク微妙」の厳しい声

 今年4月、フジテレビに入社した唯一の女子アナ、東京大学出身の藤本万梨乃アナに注目が集まっている。難関の女子アナ界にあっても、数少ない同大学の出身者。今後ブレークできるか何とも気になるところだ。
「女子アナ界のブランドは、慶応と青山学院が双璧。プラスアルファで早稲田という感じでしょう。でも、女子アナ界は入ってからが勝負。人気商売なので、出番を取った者が勝ち。正直、東大だからといって人気が出る保証はありません」(女子アナライター)

 医学部健康総合科学科卒業。医師ではなく、公衆衛生学専攻だという。
「例えば生活習慣病が増加している昨今、身体活動推進のためには、どんな行動を科学的に定義付けるか。そのための行動医学に関する分析をしたりする学問です。研究や座学的な部分が多く、卒業後は教員や行政機関の専門員、あるいは製薬会社の研究者になったりします。通常は大学院まで進学します」(大学講師)

 藤本アナは福岡の高校から1浪して入学。東大で学問を極めるために浪人したように思えるが、
「あくまで女子アナになるために東大を選んだらしいんです。やはり東大だと採用される確率は高い。一部週刊誌には、フジテレビに入ることが目標だったと書かれています。彼女にとって東大は選考を有利にするためのツールであって、大学での勉強や研究は二の次だったのかもしれません」(同・ライター)

 その証拠に、彼女は大学時代にファッション誌の“読者モデル”として活動。ネットTVに学生キャスターとして出演していた。
「2年先輩の久慈暁子アナは青学大出身。ファッション誌の“専属モデル”で、化学メーカーのキャンギャルとしても活躍。鳴り物入りの入社でした。それに比べ藤本アナはあくまで“読モ”ですし、女子アナ界では東大が特別な売り物になるわけでもない。見劣りすることは確かですね」(女性誌記者)

 では、肝心のビジュアルはどうか。
「クセ顔ではないのですが、あまり万人にウケるルックスではない。飛び抜けた美人ではないですね。スタイルも並み。久慈アナは専属モデルでしたが、藤本アナは読モ。それが2人の差でしょう。巨乳だけは目立ちます。顔はやや崩れ気味で地下アイドルのテイスト。ブレイク?……微妙でしょう」(同・記者)

 未知数というより前途多難か…。何とかガンバってほしいものだが。

「フジテレビ“東大卒”新人・藤本万梨乃アナに「あの顔ではブレーク微妙」の厳しい声」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧