堀ちえみ、「落ち着いてから考える?」病院での一年検診キャンセルが物議に

デイリーニュースオンライン

堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」より
堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」より

 タレントの堀ちえみ(52)がブログで明かしたある出来事が物議を醸している。

 今年2月に口腔がん(舌がん)を公表し、手術を受けていた堀。手術は成功し、現在は通院する日々を送っているが、ブログを通じて後遺症や病気を経て変化したことなどもたびたびつづっている。

 そんな堀だが、19日にブログを更新し、「仕方なく起きて大きく伸びたら」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、犬の散歩後に仮眠を取ったことを明かしつつ、「今日は実は…大腿骨頭壊死の際に、人工股関節の手術をして頂いた、総合病院での一年検診の日でした」と、15年に患った「特発性大腿骨頭壊死症」のために入れた人工股関節の検診の日だったことを告白。しかし、「何週間か前にキャンセルすることに」と検診をキャンルしていたことを明かした。

 このことについて堀は、「まぁこちらの方は落ち着いてから、色々と考えられればいいのかなぁと、そう呑気に思ったりしています」とコメント。その後は舌の調子について「最近舌の調子があまり良くない」と不安そうに吐露する一幕も。音漏れや、「ラ」行が言えなくなってしまったことに苦しんでいるといい、「積み重ねてきた努力が、報われないでまた後戻りしてしまうのは、とても悔しいです」「それでも前を向くしかないのです」とつづっていた。

 しかし、このブログにネットからは、「難病指定されてるのに落ち着いてからってなに?」「病気になったときはあれだけ不安がってたのに、痛みがなくなったら検診行かないんだ…」「いろんな病気に悩まされてるからこそ、検診さぼるって不思議」というツッコミが集まってしまった。

 舌の調子がよくないために人工股関節に構ってられないのかもしれないが、1年検診をキャンセルするという行動に驚きの声が集まってしまったようだ。

「堀ちえみ、「落ち着いてから考える?」病院での一年検診キャンセルが物議に」のページです。デイリーニュースオンラインは、堀ちえみエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧