堀ちえみ、世間への無関心さにネット上から疑問の声「お見舞いの言葉もない」

デイリーニュースオンライン

堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」より
堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」より

 タレントの堀ちえみ(52)が14日、自身のブログを更新した。

 堀といえば先日、台風19号が過ぎ去った後の玄関前の写真をアップしたところ、住所が記載されたプレートも写り込んでいたことが判明。すぐに削除されたものの、批判の声は高まるばかり。

 そんな堀はこの日、「癌を封じ込めるのに、ご利益があると言われている、新橋の烏森神社に行ってきました。癌になってから、行きたいと思う時に、定期的に訪れている神社です。とてもご利益があると有名な、パワースポット。初めて訪れたのは、舌癌の手術の後。食道癌が見つかってからです。今回も前回いただいた御守りをお返しして、新しい御守りをいただきました。今日も急に行きたくなりました。こちらで手を合わせると、心が落ち着きます」とつづり、都内の神社の写真を投稿した。

 この投稿に対し、ネット上からは「まず最初に台風被害に遭われた方へのお悔やみや励ましの言葉はないの?」「台風で被害にあった方にお見舞いの言葉もない」「今日ガン封じ込め神社へ行ったと知ったけど!それも舌がん宣告後ではなく何故、食道がんの時?」「封じ込めじゃなくただの癌封じ神社ですよ」などのコメントが寄せられている。

 台風19号が過ぎ去ってから好調にブログを更新している堀だが、台風被害に対するお見舞いの言葉がないことに疑問を持ったフォロワーもいたようだ。多くの芸能人が自身のSNSで続々と励ましや応援メッセージを送っていることもあり、堀の世間への無関心さが露呈する形となってしまった。

「堀ちえみ、世間への無関心さにネット上から疑問の声「お見舞いの言葉もない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、堀ちえみエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧