『グランメゾン東京』木村拓哉は劣化が進んだ今こそが旬 (1/2ページ)

日刊大衆

『グランメゾン東京』木村拓哉は劣化が進んだ今こそが旬

 10月20日から放送される、日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)。ストーリーは、フランスの三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香/51)が、借金取りに追いかけられていた男と偶然出会う。その男とは、実は天才フレンチ料理人の尾花夏樹(木村拓哉/46)。そして尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する……というもの。

 このなにやら懐かしさを感じるストーリー展開は、日曜劇場枠の売り。『半沢直樹』『下町ロケット』『ノーサイドゲーム』など、下克上ドラマで一定のファン層をガッチリつかんでいるので、路線として正しいといえば正しい。メインキャストが阿部寛(55)や三上博史(57)あたりなら、何の疑問もなく「どう大逆転するのだろう? 面白そう」と想像がつきやすい。が、今回は、主演が木村拓哉である。それが吉と出るのか、凶と出るのか、はてさて。

「『グランメゾン東京』木村拓哉は劣化が進んだ今こそが旬」のページです。デイリーニュースオンラインは、グランメゾン東京沢村一樹及川光博鈴木京香木村拓哉エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧