「有吉ゼミ」デビット伊東のラーメンコンテスト挑戦に呆れ声が続出したワケ

アサジョ

「有吉ゼミ」デビット伊東のラーメンコンテスト挑戦に呆れ声が続出したワケ

 タレントのデビット伊東が12月16日放送の「有吉ゼミ」(日本テレビ系)に出演し、アメリカのラーメン・コンテストへ参戦するも、9店舗中7位という結果に終わっている。

 お笑いトリオ・B-21の一員として活動している傍ら、東京都内にて10店舗のラーメン店を経営するほど、かねてラーメンには強いこだわりを持ってきたデビット伊東。同番組では、米国ニューヨークで開催されたラーメン・コンテストに妻と2人で挑戦する様子が放送され、日本からはデビット伊東夫妻含めて合計9店舗が参加したが、優勝トロフィーをさらったのは、亀田興毅や井筒和幸監督の“アゴ”」をモノマネすることで知られるHEY!たくちゃんの出品した「ロブスター味噌ラーメン」となった。

「奇しくもお笑いタレントの後輩に優勝を奪われ、2カ月の試行錯誤を重ねたという『鶏ポタージュラーメン』が撃沈し、悔し涙を流したデビット伊東ですが、気になるのは優勝した『ロブスター味噌ラーメン』を含め、上位に選ばれたラーメンにトリュフやローストビーフといった採算度外視の食材が多く使用されていた点です。今回のコンテスト参加者はアメリカで自身のラーメン屋を出店することを最終的な目標に据えているものの、大会では原価率や採算の概念がほぼ考慮されておらず、チキンとジャガイモをベースにし、適切な原価率の範囲内で競ったデビット伊東は、他の参加者による半ばパフォーマンスに近いような派手なラーメンの前に屈したと言えます。このコンテストでは1杯のラーメン価格がほぼ定額に設定されていますが、その一杯のラーメンにどれだけの予算を注ぐかはラーメン店の自由となっており、採算を無視した高級食材を取り入れたラーメンが注目を集めてしまうのは当たり前のことでしょう」(テレビ誌ライター)

 現実的な予算で勝負したデビット伊東はある意味で真面目過ぎたのかもしれないが、ネットからも今回のコンテストには「採算を度外視してる店と同じ土俵で戦うのはかわいそう。原価が販売価格を超えてはダメとか、ルールを変えないと」「ロブスターラーメン。原価率考えたら芸も腕もない。デビットのラーメンは優勝した後にリアルに店舗がオープン出来る。どっちが本当のラーメン愛なんだろうね」「とにかく金を使えば勝てるだけの勝負。本当の腕や持続可能性を全く考慮しないコンテストに呆れた」などとルールの改正を求める声が相次いでいる。

 番組では、デビット伊東の経営するラーメン店が世間から認められるまでの厳しい道のりや苦労時代も紹介され、共に支えてくれた妻への感謝の言葉も述べたデビット伊東。ラーメンを愛し、ラーメンに救われたこともある彼だが、今後もニューヨークでの挑戦を続けていってもらいたいところだ。

(木村慎吾)

「「有吉ゼミ」デビット伊東のラーメンコンテスト挑戦に呆れ声が続出したワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、デビット伊東HEY!たくちゃん有吉ゼミラーメンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧