木下優樹菜の“モラハラ”がヒド過ぎる! バスタブがフジモンの部屋? (1/2ページ)

まいじつ

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

年明け1発目の放送となった1月5日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、大みそかに電撃離婚した『FUJIWARA』藤本敏史・木下優樹菜の〝裏話〟を報じた。

番組には放送作家でコラムニストの山田美保子氏が出演し、専門家として2人の離婚の真相をコメント。昨年初めから別居していたため、世間を震撼させた〝タピオカドリンク店脅迫事件〟は関係なく、「広いお部屋の中で、フジモンが所在なさげだったのは事実です」「少なくとも2年前までは自宅取材がOKで、フジモンも出てくれた」などと話した。

山田氏はさらに、「〝汚い顔の人が汚い場所を掃除する〟というルールがあったそうなんですよね。ですから、フジモンさんはお風呂の排水溝の掃除を何百回もさせられてたと」「揚げ句の果てにユッキーナが(藤本を)『ブス』って言ったり、ちょっとピリピリする関係だったことは確かなんですね」など、木下が夫の藤本に対してヒドい言動を繰り返していたと暴露。この他、「お受験問題でご夫婦の意見が合わないというのは、優樹菜ちゃんがおっしゃっていた」「ワンオペ育児に優樹菜ちゃんが不満を持っていたことは、ご自身が話していましたね」など本人から聞いた話も交え、以前から夫婦間に隙間風が流れていたことを明らかにした。

家庭ごとの決め事に外部が口を挟むものではないが、〝汚い顔の人が汚い場所を掃除する〟というルールや、夫を「ブス」呼ばわりするのは、一般的に〝いかがなものか〟と言わざるを得ない行為。しかし、木下は以前からこうした言動を続けており、どうやら離婚の原因は木下の〝モラハラ〟にあると見るのが妥当なようだ。

夫を終始けなし続けたヤンキーママ

「2018年1月、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した木下は、藤本について『ブサイク』『全然ブス。何やってもダメなんです』とコメント。結婚そのものについても『ああいう感じのと結婚するとは思わなかった。ブサイクで…』『1周回ってブサイクが愛おしいと思うかもしれないと思ったけど、無理だった』と語っており、かわいそうなくらい藤本の容姿をけなしていました」(テレビ誌ライター)

しかし、こうした発言はその後も続いていった…。

「木下優樹菜の“モラハラ”がヒド過ぎる! バスタブがフジモンの部屋?」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤本敏史タピオカモラハラ木下優樹菜離婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧