坂上忍、ビートたけし、山里亮太…テレビ番組「クビ切り」リスト (1/3ページ)

日刊大衆

坂上忍、ビートたけし、山里亮太…テレビ番組「クビ切り」リスト

 約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題田中裕二(55)が後任になることが決まった。キー局関係者が話す。「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2〜3億円減らせ”との指令が出ているといいます。CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」

 昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

 となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。制作会社関係者は話す。「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。

「坂上忍、ビートたけし、山里亮太…テレビ番組「クビ切り」リスト」のページです。デイリーニュースオンラインは、ビートたけし(北野武)坂上忍山里亮太みのもんたエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧