フジ・久慈暁子 同期・海老原優香とガチンコ「不仲暴露」

アサ芸プラス

フジ・久慈暁子 同期・海老原優香とガチンコ「不仲暴露」

 フジテレビ「2017年入社組」の同期・久慈暁子アナ(25)と海老原優香アナ(26)の不仲が番組内で暴露され、波紋が広がっている。

 問題の「検証VTR」が流されたのは、4月18日放送の「さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020」(フジテレビ系)。

 明石家さんまも「噂だけは届いてる」という両者の不仲説を検証するため、同番組では同期アナが4人で参加する研修現場に隠しカメラを設置した。

 現場で居合わせた両者は挨拶をしないどころか、目線すらも一切合わさない。久慈アナが自身の椅子を海老原アナから無理やり遠ざける姿には、スタジオから悲鳴が上がったほどだ。

 さんまをして「バラエティーで扱ったらいけないVTR」と言わしめた内容だったが、実際の2人も番組の範疇を超えた「ガチンコ犬猿の仲」だった。フジテレビ関係者が明かす。

「非常に反響が大きくて、外部からは『ヤラセではないのか』とも聞かれるのですが、ヤラセどころか、局内では『実際はもっと露骨に仲が悪い』との声まで上がっている。互いに『気が合わない』と周囲に公言している2人にすれば、無視し合うぐらい序の口ですよ」

 しかも、のっぴきならない関係は入社1年目に遡る。

「両者の因縁は入社直後から。この年は女子アナの採用が2人だけということもあり、双方で意識し合っていたのですが、最も大きな溝を作ってしまったのが、扱いの落差。久慈アナがチヤホヤされすぎて、地味なニュース読みを任されていた海老原アナが嫉妬してしまった」(前出・フジ関係者)

 学生時代にモデル事務所に所属し、活発な芸能活動を行っていたことから、入社前から『フジテレビの救世主』と期待が寄せられていた久慈アナ。同局で新人女子アナの登竜門と言われる「○○パン」シリーズに連なる冠番組「クジパン」に抜擢された彼女に対する、海老原アナの心中は穏やかではなかったようだ。

「そもそも『○○パン』をみずから志願していたのが海老原アナ。入社直後の研修で『私に「エビパン」をやらせてほしい』と上司に直談判していたぐらいなんです。結果、久慈アナが『クジパン』を任されることになった悔しさは計り知れません」(前出・フジ関係者)

 雪解けの日は遠そうだ。

「フジ・久慈暁子 同期・海老原優香とガチンコ「不仲暴露」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2020年 5/7・14合併号さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検海老原優香久慈暁子女子アナエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧