天才テリー伊藤対談「デヴィ夫人」(2)いきなり国賓に…まるで映画のよう (1/2ページ)

アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「デヴィ夫人」(2)いきなり国賓に…まるで映画のよう

テリー なぜ当時から、そんなことを考えていたんですか。

デヴィ それは、戦後の私の家の裏にアメリカ兵の駐屯所があったからなんです。ほとんどの日本人が外国人を見たことのない時代に、私はたくさんの外国人を見て育ちましたし、当時はそのアメリカ兵にぶら下がるように腕を組んで歩いている日本人女性がたくさんいたんですね‥‥。その人たちの姿を見て、私、恥ずかしさで下を向いたんです。

テリー あぁ、当時の娼婦ですか。

デヴィ そうです。敗戦のみじめさと悲しみと強い怒りで地面がうねったように感じて、「大きくなったらこの人たちをひざまずかせたい、そのために戦う」と決めたんです。

テリー その後、さまざまな経緯があって、インドネシアの大統領夫人という形で夢はかなうわけですよね。いきなり国賓の立場になるわけですけれど、心構えなんかはどうだったんです。

デヴィ 私は幼い頃からフランス文学に傾倒していて、日常から登場人物になりきっていたんですね。中でも、シュテファン・ツヴァイクが書いた「マリー・アントワネット」という本の最後にあった、「マリー・アントワネットが犯した唯一の罪は、女王として幸せを求めないで、女性として幸せを求めた」という言葉が強く頭の中に残ったんです。そこから、私も大統領夫人となるからには女性としての幸せを追求しちゃいけない、そう自分を絶えず戒めなきゃいけないと考えました。

テリー その頃は、どんな生活だったんですか。

デヴィ 行ってみると、大統領の周りにはたくさんお世話をする人がいたので、「妻」としての仕事はなかったんですよ。ですから私は、政治的な同志として全身全霊をかけて大統領に尽くそう、これは神の天啓だと思いましたから。

テリー しかし、しばらくすると政局も大きく揺らいできますよね。

「天才テリー伊藤対談「デヴィ夫人」(2)いきなり国賓に…まるで映画のよう」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2020年 5/7・14合併号テリー伊藤戦争デヴィ夫人連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧