タブーとされてきた”再販権利”の付与と集団・個別授業の融合を実現した英語教材「3秒の壁」販売開始!教育界の2大課題「新たな収益源の確保」と「質の向上」を解決 (1/4ページ)

バリュープレス

株式会社士心のプレスリリース画像
株式会社士心のプレスリリース画像

開発者の50年に及ぶ英語学習の実体験と研究、同時通訳者としての実績、そして40年にわたり英語教室と英語専門学校で累計20,000人以上の受講生が学んだ実績を誇る英語学習教材に、デジタル要素を組み入れ、現代版にリニューアルしました。オンライン授業にも対応していることから、広いエリアで生徒を獲得する事が可能となります。

“教育で新しい価値を創造する”をビジョンに掲げる、株式会社士心(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:井本一志)は、2020年8月1日(土)より、新たな教育機関・学習塾向け英語教材「3秒の壁」の販売を開始しました。本教材は過去に例のない、再販権利を付与した教材です。また、デジタル化により、集団・個別・オンライン授業それぞれに対応し、さらに、これまでは不可能とされていた集団授業中の個別化授業が可能となりました。

▼「3秒の壁」ホームページ:https://3sec.jp/

■小規模学習塾事業者の現状と課題
「とにかく英語を楽しく学ばせたい」、「先々中学受験を考えている」など、昨今、子どもを塾に通わせている保護者のニーズは、非常に多様化しています。様々な要望が寄せられる中、小規模で営む学習塾では集団授業と個別授業の両方を行うことはマンパワー不足などから難しく、また、もしお断りをすることになれば、収益源を失うこととなり非常に苦しい状況に置かれています。

また、教育の質という面では、集団授業においては長年言われていることですが、クラス全員が同じスピード感で学ぶ難しさは必ずあり、解消されることはありません。

■「3秒の壁」のおもな特徴
株式会社士心が新たに販売する「3秒の壁」は、こうした教育現場が抱える2大課題を解決するツールとして開発されました。おもな特徴は以下のとおりです。

「タブーとされてきた”再販権利”の付与と集団・個別授業の融合を実現した英語教材「3秒の壁」販売開始!教育界の2大課題「新たな収益源の確保」と「質の向上」を解決」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧