2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)仲本工事が「ツイッタの電源の切り方を教えて」 (2/2ページ)

アサ芸プラス

あれ、最悪でしたよね。

 ネコの子供が生まれたという。

 アイドルでもやっちゃいけないヤツ。

 誰かブレーンがいるんでしょ。

 ちなみに泰葉のマネージャーとかやってた人。泰葉取材の現場にいた人ですよ、あの人は。地下アイドルの運営やってて、なぜか泰葉のサポートやってた人が今、仲本さんのサポートをやってる。あと、最近のニュースでひどかったのは、へずまりゅうの元カノ32歳が懺悔ヌードっていうのも。死ぬほどどうでもいい記事でしたよ(笑)。

 懺悔しなくていいよ(笑)。

 「首里城での寄せ書き炎上映像、私が撮ったものです」って。ホントひどかった。

 それにしても、懺悔ヌードって久々に聞いたな。 

 せいやのZoomオナニーの記事を書いた文春オンラインを吉本が訴えたことに対して、さんまさんが「ああいうのはお笑いで返すもんや」と怒ってましたけど。

 せいやも笑いに変えてたし、いじられ続けてたし、どう考えてもあれで終わりですよ。20年の一番の衝撃は、吉本が「ウチは辞めた人に圧力をかけません」というルールを発表したこと。ということは、今まではやってたんだろうなっていう(笑)。

 サブロー・シローさんね。

 洋七師匠もだよ。まだテレビに復帰してない宮迫は?

 あくまでも「今後」なんだと思うんですよ。前田五郎さんにも(吉本が)それを言いましたよ。「ホントに俺はひどい圧力かけられた」って言ってたけど、「たぶんもう大丈夫だと思う」って。

 だけど、豪ちゃんのいちばん新しい本「超・人間コク宝」(コアマガジン)、前田五郎さんの章はクレームが来そうな気がするんだけど。

 何もない。たぶんチェックがザルなんですよね。

<座談会メンバー>

水:水道橋博士(1962年生まれ、岡山県出身)/玉:玉袋筋太郎(1967年生まれ、東京都出身)/吉:吉田豪(1970年生まれ、東京都出身)/内:内山信二(1981年生まれ、東京都出身)

「2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(3)仲本工事が「ツイッタの電源の切り方を教えて」」のページです。デイリーニュースオンラインは、仲本工事水道橋博士玉袋筋太郎内山信二吉田豪エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧