吉本の“報復説”を否定も…近藤春菜「スッキリ」降板で高まる“夜のリスク”

Asagei Biz

近藤春菜
近藤春菜

 サブ司会を務めていた「スッキリ」(日本テレビ系)を3月末で降板することが発表されたお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜。

 1月15日発売の「FRIDAY」は、そんな近藤に直撃している。

 それによると、今回の降板は番組サイドからの一方的な通達などではなく、去年の話し合いの場で「自分で決めました」とのこと。その理由としては「いろいろなことにチャレンジしてみたいなと思った」と述べている。

 近藤といえば、宮迫博之らの闇営業問題で、「スッキリ」の番組内でMCの極楽とんぼ・加藤浩次に同調するような流れで、吉本の上層部に苦言をていしていた。今回の“卒業”についても、一部では「近藤が吉本から干されているのはないか」との噂が浮上していた。

 しかし、スポーツ紙の芸能デスクは“報復説”を否定する。

「この件を吉本からの報復と勘繰る向きもありましたが、それは違うと思います。吉本としては、マネージメント契約しているタレントを優先するのは当然のこと。ただし、例えば番組のほうから『近藤でなければスポンサーが納得しない』と言われれば、もちろんキャスティングされますよ。つまり近藤が外れたのは、彼女でなければダメという立ち位置ではなかったということです」

 近藤の相方・箕輪はるかは、マネージメント契約を継続しているという。今後、ハリセンボンとしての活動がどうなるのかが気になるところだが、芸能関係者はこんな危惧を口にする。

「春菜さんといえば芸能界きっての“人脈女王”と知られ、かつては『春菜会』と呼ばれる会合をしょっちゅう開いていました。ところが『スッキリ』に起用されてからは朝の番組だったこともあり、スケジュールの調整が難しく、なかなか開催できなかった。また、昨年の春にはコロナ禍に誕生パーティーを開催したことで、心ない視聴者からは『コメンテーター失格!』との烙印を押される始末。そうしたしがらみから解放されることもあって、“夜遊び”を激撮されるリスクが高まるのでは…。週刊誌メディアのマークはいっそうキツくなるかもしれませんね」

 2月23日には38歳の誕生日を迎える近藤。その頃には、誕生パーティーを開いても批判されない程度に、新型コロナの感染拡大が収束していることを願いたい。

「吉本の“報復説”を否定も…近藤春菜「スッキリ」降板で高まる“夜のリスク”」のページです。デイリーニュースオンラインは、闇営業箕輪はるか近藤春菜ハリセンボン加藤浩次エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧