岡田結実の“下品な恋愛ネタ”にドン引き「自分の娘がこんなだったら…」

まいじつ

岡田結実の“下品な恋愛ネタ”にドン引き「自分の娘がこんなだったら…」

2月19日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、タレントで女優の岡田結実が出演。エピソードトークが下品だと視聴者からヒンシュクを買っている。

この日は、お酒を飲みながらトークする「人志松本の酒のツマミになる話」という企画を放送。『ダウンタウン』松本人志を中心に、『アンタッチャブル』、『アンガールズ』田中卓志、『Kis-My-Ft2』宮田俊哉、高橋メアリージュン、岡田らが出演した。

その中で、話を振られたメアリージュンが、「キスの時に目を開ける」というエピソードを披露する。お相手のキス顔を見るのだが、その表情を見て「あ、入ってんな」とナルシストだと感じとると、突然冷めてしまうことがあるそうだ。

ここから、キスの時に目を開けるかどうかというトークが繰り広げられると、おもむろに岡田が「気になりません? 相手がどんな表情してるのか」と入ってくる。まだ20歳の岡田がキストークに積極的に入ってきたことに、周りのオジサンたちは「微妙なお年頃だし…」と少し動揺。しかし岡田は「1回1人だけ、目を開けたら…」とトークを続行した。

この口ぶりに松本は「けっこう何人もおんねや…」とさらに動揺。それでも岡田は、恋人とする初めてのキスについて「ガッツリいくのか、ハムハムキスなのか、フレンチキスなのか、ずっぽりなのか」などと嬉々として周りに尋ね、恋愛トークに花を咲かせていた。

元子役の恋バナは聞きたくない?

するとこの様子に、ネット上では

《自分の娘がテレビで、こんな話ノリノリでしてたら夫婦揃って寝込むわ》
《ぶっちゃけキャラを目指してるのかもだけどこの子には合ってない》
《みんな、同業者の娘さんの事だから、よそよそしくて出来るなら話変えたいみたいな雰囲気なのがおかしかった》
《お父さんが芸能界入りに反対してた理由がわかった》
《まだ子どもに見えるのでこういう話は普通に引く。爪痕残さないととでも思ったのか知らないけど、体張りすぎ》

といったドン引きの声があがっている。

すでに成人済みの岡田だが、子ども時代から売れていたタレントとあって、生々しい恋愛話を聞きたくない視聴者は多かったようだ。

「岡田結実の“下品な恋愛ネタ”にドン引き「自分の娘がこんなだったら…」」のページです。デイリーニュースオンラインは、岡田結実下品ダウンタウンなうドン引き二世タレントエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧