秩父って、こんなに幻想的な場所だった? まるでファンタジーな雨上がりの景色に反響 (1/2ページ)

Jタウンネット

美の山公園展望台から、20年1月にYuji Shibasakiさんが撮影
美の山公園展望台から、20年1月にYuji Shibasakiさんが撮影

「雨上がりの秩父は時にRPGの様な世界へと変貌する」。そんなツイートが投稿され、話題になっている。

さっそく投稿をご覧いただこう。

雨上がりの秩父は時にRPGの様な世界へと変貌する。 pic.twitter.com/T9fvti6l1c
- Yuji Shibasaki@Photo (@Yuji_48) March 22, 2021

こちらはツイッターユーザーの Yuji Shibasaki(@Yuji_48)さんによる2021年3月22日の投稿だ。ファンタジーな光景の数々は、まるでCGのよう。

これらの写真は雨上がりの秩父(埼玉県)で撮影したもの。それぞれ別の日の景色で、「特にRPGっぽいな」と思ったものをまとめたそうだ。


美の山公園展望台から、20年1月にYuji Shibasakiさんが撮影

光に照らされながら街を埋める霧は、まるで流れる天の川。特に霧が濃い部分は綺麗なグラデーションに染められており、幻想的な景色が一面に広がっている。中には工場や橋などの建造物も見えるので、眺めているだけで面白いストーリーが浮かんできそうだ。

美の山公園展望台から、20年1月にYuji Shibasakiさんが撮影
美の山公園展望台から、20年1月にYuji Shibasakiさんが撮影

見慣れた光景を、より魅力的に引き出そうと写真を撮影しているという投稿者。

「『ここってこんな風に見えるんだ!?』というような驚きと感動をどこでも撮れるように意識しています」(Shibasakiさん)

この秩父の風景も、カメラを通してしか見ることができない、幻想的な世界だ。

「秩父って、こんなに幻想的な場所だった? まるでファンタジーな雨上がりの景色に反響」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧