高橋真麻、『バイキング』でトンデモ陰謀論を展開して呆れ声が続出

デイリーニュースオンライン

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより
『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 5月10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーの高橋真麻(39)が“陰謀論”を口にし、視聴者が騒然とする一幕があった。

 問題となっているのは、東京五輪開催の是非について議論していた際の一幕。MCの坂上忍(53)はじめ、出演者の多くは開催反対に意見を傾けていたが、その中で話を振られた高橋は、五輪に関する特集などを見ると、期待してしまうことを明かした。

 しかし続けて高橋は、噂で聞いたこととして、「もし今回東京五輪を見送ったとして、そうすると次に行われるのが中国のオリンピック(北京五輪)で、コロナに打ち勝った初のオリンピックとなるのを、アメリカが嫌がってるから、なにがなんでも東京で開催したい説とか」と力説した。

 これに坂上は「久しぶりに『週刊真麻』的な……」と、まるでゴシップ誌に掲載されているような説だと指摘したが、高橋の勢いは止まらず。さらに「今まで小池さん(都知事)はやるって前向きだったけど、世論が7割『延期したほうがいい』ってなってるなか、突然小池さんがその世論を見て『じゃあやめる』って言うんじゃないかということを菅(総理)さんがそれを嫌がって、そこで攻防してる説とか」と告白。高橋は、「そういう裏の話とか聞くと、純粋に楽しませて、純粋にあの平和の祭典をやってほしいなっていう思いが(ある)」と話していた。

 しかし、この高橋の発言に視聴者からは、「勝手に陰謀論を見て純粋に楽しませて欲しいって大丈夫?」「裏の話って…勝手に邪推してるだけでしょ」「陰謀論レベルの話を“裏話”としてテレビで披露するのやめなよ」という呆れ声が集まっていた。

「今回高橋が話していたのは、ソースもなにもない、ネット上に書かれているレベルのうわさ話。それを『裏の話』と、あたかも真実のように話す姿に戸惑う視聴者もいたようでした。小池百合子東京都知事(68)も、中止に対して積極的な発言をしているわけではなく、専門家でもない高橋の発言は邪推の範囲内。もっとも、中止派の坂上は“都知事がやめたがってる説”を満足そうな笑顔で聞いていました」(芸能ライター)

 果たして高橋の発言はただのうわさ話なのか、それとも……。

「高橋真麻、『バイキング』でトンデモ陰謀論を展開して呆れ声が続出」のページです。デイリーニュースオンラインは、バイキングMORE高橋真麻エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧