『しゃべくり007』鈴鹿央士の“芸名の意味”に視聴者が一斉ドン引き

デイリーニュースオンライン

『しゃべくり007』日本テレビ公式サイトより
『しゃべくり007』日本テレビ公式サイトより

 7月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)でブレイクした俳優の鈴鹿央士(21)が出演。芸能デビューの秘話が明かされ、ネット上からドン引きの声が集まっている。

 この日、番組に初出演を果たした鈴鹿。『ドラゴン桜』出演秘話なども明かされたが、その中でMCのくりぃむしちゅー・上田晋也(51)から「デビューのきっかけが広瀬すずさんなんだって?」と話を振られる場面があった。

 これに鈴鹿は、「岡山出身なんですけど、僕が高校2年生のときに通ってた高校で『映画を撮ります』ってなって……」と明かし、自身も生徒役のエキストラとして参加したとのこと。その映画に出演していたのが広瀬すず(23)で、撮影終わり際に広瀬の所属事務所のマネージャーから名刺を渡されたという。

 また、指定された日時に鈴鹿が事務所に行くと、広瀬も同席していたとのこと。ちょうどその日がバレンタインデーだったこともあり、鈴鹿は広瀬からチョコとサインをプレゼントされたことも明かした。

 さらに「鈴鹿」の「鈴」も芸名で、広瀬すずの「すず」からもらったことも上田から明かされ、これにくりぃむしちゅー・有田哲平(50)は、「バレンタインどころじゃないじゃない、もらってるもの」と猛ツッコミ。「なにやってんのよ!? いつでも俺は鈴田哲平に変えられるよ!?」と吠えており、鈴鹿は苦笑いしきりだった。

 しかし、このエピソードに視聴者からは、「広瀬すずの王子ってこと?」「『私のもの』感が半端ない」「これからこの子見るたびに広瀬すずのこと思い出しそう」というドン引きの声が集まっていた。

「実はこのエピソード、ファンの間では非常に有名。広瀬がマネージャーにスカウトするよう進言したとのことでしたが、名字の『すず』に加え、名前が『おうじ』だったため、広瀬のマウント感が見えるという声は元々多く寄せられていました。それに加え、広瀬もまだ若手女優。“俳優の原石を見つけ出す”というベテラン並みの行動に失笑も寄せられていました」(芸能ライター)

 とはいえ、『ドラゴン桜』でその演技力が絶賛された鈴鹿。広瀬の見る目は本物だったようだ。

「『しゃべくり007』鈴鹿央士の“芸名の意味”に視聴者が一斉ドン引き」のページです。デイリーニュースオンラインは、しゃべくり007エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧