佐藤健は悪くないのに… ドラマ撮影現場の“300人超え密集“報道に批判と同情 (1/2ページ)

アサジョ

佐藤健は悪くないのに… ドラマ撮影現場の“300人超え密集“報道に批判と同情

 俳優・佐藤健が主演を務めるドラマ「First Love 初恋」(Netflix)の制作において、300人超えの“密な撮影現場”が周辺住民の不安を集めているという。「FLASH」が7月28日に報じた。

 同作は佐藤と満島ひかりがW主演を果たす世界配信予定のドラマで、その期待値も高いものの、7月17日に東京都府中市の住宅街で敢行された撮影現場は、通行人役として出演する300人近くのエキストラが密集するものだったという。

 また、同誌は「この日の撮影はこれで終わりではない」とし、夕方には杉並区の公園に場所を移すと、先の300人よりもさらに多い人数が集結していたと指摘。地元住民によれば、「聞いたら、500人いるんだって!」とのことで、「屋外とはいえ、この時期に数百人も集まって撮影をするのは密ですよね。いくら対策をしていても、新型コロナ感染につながりそうで怖いです」と大がかりな撮影による感染拡大を恐れる住民もいるようだ。

 それもそのはず。撮影日の7月17日は東京都内で1410人の新規感染者が発表されており、4日連続での1000人超えで都民を心配させていた頃だった。なお、今年5月から6月にかけては、北海道札幌市でも同作の撮影が行われていたようで、その際も現場には佐藤と満島を一目見ようと大勢の見物客が押しかけていたという。

 同誌は、制作するNetflixに撮影現場での感染防止策について見解を求めるも、「回答はなかった」と説明。「ロケを計画したのは制作側でも、現場で目立つのは役者だ。彼らの対策不足と思われぬよう、慎重に撮影に臨んでほしい」と懸念している。

「同誌公式サイトには夜中の都内公園に大勢のエキストラがぎっしりと密集しているロケ現場の写真が掲載されており、『この日の撮影は夜10時過ぎまで続いた』と綴られています。都内で1000人超えの新規感染者が出る中での300~500人という大所帯の撮影とあって、ネットでは『エンタメ界おかしいでしょ』『オリンピックと同じで芸能界も特別? こうやって地方にも蔓延していくんでしょうね』『エンタメ界、ゆるすぎ』『テレビを見ていても、エンタメ業界は感染対策なんてしていませんからね。

「佐藤健は悪くないのに… ドラマ撮影現場の“300人超え密集“報道に批判と同情」のページです。デイリーニュースオンラインは、First Love 初恋コロナウイルスエキストラ佐藤健イケメンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧