マツコ・デラックス、神認定でスーパーゴッドを獲得したあのサービスとは?

デイリーニュースオンライン

『マツコの知らない世界』TBS公式サイトより
『マツコの知らない世界』TBS公式サイトより

 11月23日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)で、MCのマツコ・デラックス(49)が、ついにスーパーゴッド認定を受けたと告白した。

 知らない人のために説明すると、「スーパーゴッド」とはフードデリバリーサービスの出前館が提供している会員限定のプログラムのこと。3ヶ月間に60回以上注文すると、最高ランクのスーパーゴッドに認定され、割引のクーポンが付与される仕組みになっている。マツコは今年8月に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも、「あたし出前館を取り過ぎたのか、あと何回かでスーパーゴッドになるって。ゴッドはちらほらいるんだけど、スーパーゴッドの通知が来たのは私は聞いたことない」と誇らしげに自慢していた。

 その時からちょうど3ヶ月が経過したが、スーパーゴッドランクを獲得したことで、相変わらず出前館に頼りきりなマツコの私生活が伺えた。しかし、『5時に夢中』放送時には「神って言われるだけでうれしいのに、スーパーゴッドって。スーパーサイヤ人以来よ!」と言うほど喜んでいたのに、いざ獲得できたこの日は複雑な表情。この日のテーマだった「油揚げの世界」で、案内人の工藤詩織さん(年齢不明)が紹介した、どこか懐かしいお揚げを口にすると、その温かさに心が触れたのか、「やっぱり自炊しよう。出前館でスーパーゴッド取れたしさ」と自虐交じりにつぶやいていた。

 このマツコの告白に視聴者は、「今日のマツコの知らない世界で一番の衝撃はマツコが出前館のスーパーゴッド会員だってことかな」「マツコ。出前館、とうとうスーパーゴッドのランクになったのかwww」「マツコさん、スーパーゴッドかw すごい、ほぼ毎日やな」と大盛り上がり。一方で、毎日デリバリーサービスで食事を済ませているマツコの健康面を心配する声も少なくなかった。

「後半で放送された『シルクの世界』でマツコは、90×90cmの横浜スカーフ15枚を使った、マツコ仕様のガウンを着用。相変わらずの巨漢体型に、健康面を心配する視聴者も多かったようです」(芸能ライター)

 スーパーゴッドランクも獲得したことであるし、少しは出前館の利用を控えて、健康的な生活を心がけてほしいものだ。

「マツコ・デラックス、神認定でスーパーゴッドを獲得したあのサービスとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マツコの知らない世界マツコ・デラックスエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧