ダウンタウン、相田翔子の遅刻に大激怒の過去「Winkだけに目をつぶろうって」

デイリーニュースオンライン

『人志松本の酒のツマミになる話』フジテレビ公式サイトより
『人志松本の酒のツマミになる話』フジテレビ公式サイトより

 1月14日に放送された『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、元Winkで女優・タレントの相田翔子(51)が出演。80年代にデビューし、無表情で踊る独特のダンスで“笑わないアイドル”として人気を博していたWink。相田は「私、本当に10代から(ダウンタウンには)大変お世話になって。ご迷惑もかけて。言うつもりなかったんですけども…」と切り出すと、「大激怒されたことがあって」とアイドル時代にダウンタウンから怒られた過去を語り始めた。

 当時のことを松本人志(58)も「あれでしょ?すごい遅刻してきた」「大阪の番組ね」と鮮明に覚えている様子。33年前の話だというが、相田によると遅刻したのは「大阪と言ったらダウンタウンの番組」で、大阪担当のレコーディングスタッフから「これに遅刻したらもう先はないで」と念を押されていた番組だったという。

 しかし、大阪行きの新幹線が遅れ「早く行こう!」とタクシーに乗ったものの、大阪の道も大渋滞。「『やばいやばい』って、本当に窓から手だして漕ぐぐらいの勢いで」と、かなり焦っていたとか。結局、大遅刻し「(現場に)着いたら本当に荒れに荒れてて」と、すでにスタンバイしているダウンタウンをこれ以上待たせるわけにもいかず、メークし終わっていない状態でとにかくすぐにスタジオに入ったという。

 その時のダウンタウンの様子について相田は、「「松本さんは割と、『まあまあまあまあ、しゃあないよね』みたいな感じ」と語ったが、浜田雅功(58)について聞かれると「浜田さんは、いろんな物を蹴ってました」と暴露し、スタジオは大爆笑。当の松本は、「そん時、名言残したんです。『Winkだけに目をつぶろう』って』と、親父ギャクをかけた名言をドヤ顔で披露していた。

「ダウンタウンに大激怒されたというエピソードを初出しした相田ですが、視聴者はエピソードよりも相田のトークに注目。一時期は“天然キャラ”としてバラエティ番組に多数出演していた相田ですが、視聴者からは『相田翔子、久しぶりに見たけど面白さ変わらんなw』『相田翔子最高やな。大阪の話のくだり、めっちゃ笑った』との声が集まっていました」(芸能ライター)

 これを機に、再び相田がバラエティに引っ張りだこになるかも!?

「ダウンタウン、相田翔子の遅刻に大激怒の過去「Winkだけに目をつぶろうって」」のページです。デイリーニュースオンラインは、人志松本の酒のツマミになる話ダウンタウンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧