『チコちゃんに叱られる!』食後コーヒーの合理性に驚きの声「目から鱗」「早速試す」

デイリーニュースオンライン

『チコちゃんに叱られる!』NHK公式サイトより
『チコちゃんに叱られる!』NHK公式サイトより

 1月14日放送の『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合)で取り上げられた「食後にコーヒーを飲むのはなぜ?」という疑問に反響が集まっている。

 この疑問に答えることになったのは、ゲスト出演していた女優の安藤サクラ(35)。「食後は眠気でボーっとしてるので、カフェインで『ボーっと生きてんじゃねーよ』ってするため」と答えたものの、チコちゃんからは「ボーっと生きてんじゃねーよ!」をくらってしまっていた。

 そんなチコちゃんの答えは「ワインの酔いをさますため」とのこと。解説の辻調理師専門学校の小山伸二氏(63)によると、コーヒーがヨーロッパに伝わったのは17世紀後半。ヨーロッパでは仕事中の昼でも食事と一緒にワインを嗜む人が増えていったという。

 しかし、近代に入ると徐々に肉体労働から銀行業、保険業、新聞など頭を使う労働への移り変わりが生じ、ワインを飲んだあとのほろ酔いの頭では冷静な判断による仕事ができなくなってきたとのこと。そこで、食後に酔い覚ましとしてコーヒーを飲むようになったのが食後のコーヒーの始まりになったという。

 番組では、食事と一緒にワインを嗜んでいた貴族役としてVTR出演していたお笑いコンビ・髭男爵の協力で、ワインを飲んだあとのコーヒーの覚醒効果がどのくらいあるか実験を行うことに。「ランプが付いたらジャンプする」という機械を使って反応速度を調べたところ、ワインを3杯飲んだだけのひぐち君(47)は飲酒後の反応速度が倍に。一方、ワイン3杯を飲んだあと、コーヒーを飲んだ山田ルイ53世(46)の反応速度はさほど変化せず、という結果となった。

 この検証結果に視聴者からは「早速試す!」「飲んだあとはラーメンじゃなくてコーヒーがいいのか」「久しぶりに目から鱗の検証」という反響が集まっていた。

「なお、一部ネット上からは『飲酒運転できるのか?』『これ悪用して運転する人出そう』という懸念も出ていましたが、番組側は『カフェインの効果で頭はスッキリしているが体は酔った状態。車の運転などは絶対にしないでください』と呼びかけていました。カフェインを摂取したところで血中のアルコール濃度は変わらないため、当然ながら飲酒運転は厳禁となっています」(芸能ライター)

「こじつけ」「誤情報」といったツッコミも多い『チコちゃん』だが、今回は純粋な賞賛が寄せられたようだ。

「『チコちゃんに叱られる!』食後コーヒーの合理性に驚きの声「目から鱗」「早速試す」」のページです。デイリーニュースオンラインは、チコちゃんに叱られる!エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧