ガーシー、伊藤英明の危険ドラッグ騒動で爆弾投下「本当ならヤバイ」

デイリーニュースオンライン

YouTube:東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】より
YouTube:東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】より

 暴露系YouTuberのガーシーこと実業家の東谷義和(51)氏が、俳優の伊藤英明(46)が2001年に起こしたある騒動について暴露し、ネット上で話題になっている。

 騒動は伊藤が当時の危険ドラッグであるマジックマッシュルームを摂取し、路上やコンビニなどで暴れた挙句、搬送されて入院したとされるもの。当時、警察も事情聴取を行ったものの、当時は合法ということもあり、捜査は打ち切られたと報じられていた。
 この騒動について、ガーシーは2日に行ったメンバーシップ内配信の中で、この騒動について触れ、「あれはマジックマッシュルームじゃないです。違うものをやってました」と暴露。ドラッグ使用については当時の事務所がもみ消したといい、「多分エクスタシーです。そのときやってたのは」と明かしていた。

 ガーシーは「その時僕らはみんなで遊んでいました。その中で伊藤英明は勝手にいなくなっちゃって次の日ニュースになりました」と言い、ドラッグは伊藤がひとりで使用していたとのこと。もみ消しを受け、ガーシーは「あれは結構ね、俺は芸能界の闇を知った初めての一端」と振り返っていた。

 あくまでガーシーの一方的な証言とはいえ、この暴露の衝撃は大きかったようで、ネット上からは、「伊藤英明のエピソードさらっとヤバすぎ」「これ結構な爆弾でしょ」「本当なら相当ヤバい」という声が集まっていた一方、ガーシーに対し、「証拠がないのにようここまで喋れるね」「あんだけ昔のことだったら簡単に嘘つけるよな」という声も寄せられていた。

 昔のこととはいえ、衝撃も大きかった伊藤の騒動。それだけにガーシーの暴露には注目が集まったようだ。

「ガーシー、伊藤英明の危険ドラッグ騒動で爆弾投下「本当ならヤバイ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ガーシー伊藤英明エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧