渋谷凪咲、『水ダウ』での発言に視聴者から苦言「企画の趣旨分かってない」

デイリーニュースオンライン

『水曜日のダウンタウン』TBS公式サイトより
『水曜日のダウンタウン』TBS公式サイトより

 NMB48の渋谷凪咲(26)が831日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に出演。その中のある発言が「空気が読めない」として物議を醸している。

 この日、スタジオにパネラーとして出演していた渋谷だが、番組では「2代目関根勤選手権」の第2弾を放送。現れた一般人の紹介にぴったりの一言を添えるお笑いタレント・関根勤(69)の芸を継承する芸人を探すという企画になっている。

 今回はお笑いコンビ・霜降り明星の粗品(29)、 麒麟の川島明(43)、野性爆弾のくっきー!(46)、笑い飯の西田幸治(48)、130R板尾創路(59)に加え、前回王者のずん・飯尾和樹(53)が挑戦。挑戦者が一般人の紹介をしていき、それを関根本人が10点満点で採点するというシステムになっていた。

「関根の採点基準は至ってシンプルで、言葉がその人にハマっているか、意外性があるか、言葉のリズムがいいか、人を傷つけていないか、というもの。面白いかつその人が言われて喜ぶようなものはかなり点数が高く、逆にマイナス要素が入っているものは即1点がつけられていました」(芸能ライター)

 今回は接戦が繰り広げられ、優勝したのは2位の川島と1点差のずん・飯尾。特に小学生男子に対する「早くも木村多江さんの魅力に気付いています」という紹介には満点が出ていた。

 一方、スタジオではパネラーたちがそれぞれ感想を話していたが、話を振られた渋谷は「これの深夜バージョンのやつとかも見てみたい」と発言。「結構攻めてもいいバージョン」と話していたが、MCのダウンタウン・浜田雅功(59)は「攻めたらまたこの番組ややこしくなる……」とやんわり苦言。これに松本人志(58)が「お前、ニセモンやろ! らしくないぞ!」とツッコミを入れることで、スタジオには笑いが起きていた。

 しかし、渋谷の発言にネットからは、「この企画の趣旨分かってない」「空気読めないな~」「深夜バージョンだったらそれは関根勤じゃないんだよ」という声が集まっていた。

「関根が素人紹介を行っていたのは、かつて放送されていたバラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。この企画は、関根が『いいとも』で神がかったような素人紹介をしていたという前提があるから楽しめるものですが、2014年に終了した『いいとも』は26歳の渋谷にとってあまり馴染みがある存在ではなかったよう。そのため、『深夜バージョン』という言葉が出たようですが、『いいとも』を視聴してきた層にとっては、とんちんかんな発言となってしまったようです」(同)

 とはいえ、今回はダウンタウンのフォローで事なきを得たようだった。

「渋谷凪咲、『水ダウ』での発言に視聴者から苦言「企画の趣旨分かってない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、渋谷凪咲水曜日のダウンタウンエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧