SixTONES松村北斗が超えられないSnow Man目黒蓮との差『すずめの戸締まり』完全スルーやらかしに非難轟々も「知ったこっちゃない」逆ギレ (3/3ページ)

日刊大衆

■イケメンなのに男前じゃない松村北斗

 すっかり言い負かされたのか、松村は「しゃべってる感触がない……」「ノレンに腕押しよ、もう」「俺、どうしたらいいの?」「こんなんじゃラジオできない」などと、しょんぼりとした口調でボヤき、「じゃあ、俺が謝ればいいのね?」と開き直った。

 田中は「ヤバ!」とドン引きで、リスナーからもさらなるダメ出しメールが。松村がふてくされたように、「すみませんでした。じゃあ、皆さん、『スズメの戸締まり』見ていただいて」と応じると、田中が「オマエのひと言で『すずめ』を見に行かないって判断した人が出てくる」とツッコんでいた。

 メンバーの暴走トークを田中がコントロールできず、同番組はカオスになりがち。特に京本大我(28)のマニアックなトークが話題になっているが、実は、オチのない迷走トークの松村が一番のカオスかもしれない。

 同時CDデビューしたSnow Manと、なにかと比べられるSixTONES。目黒蓮(25)と松村は各グループのビジュアル担当であり、俳優としてもブレイク中だ。しかし、バラエティに関しては、ボケで笑いが取れる目黒に対し、オチなし迷走トークの松村と、大きく水を開けられてしまっているようだ。

■宣伝はそつなくこなしていたが…

「SixTONES松村北斗が超えられないSnow Man目黒蓮との差『すずめの戸締まり』完全スルーやらかしに非難轟々も「知ったこっちゃない」逆ギレ」のページです。デイリーニュースオンラインは、目黒蓮SixTONES田中樹松村北斗新海誠エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧