株式会社プラムザは、ノーコード・ローコード技術を活用して48万円からシステム開発を請負う「ノーコード開発ラボ」を8月1日(火)にリリースしました。 (1/3ページ)

バリュープレス

株式会社プラムザのプレスリリース画像
株式会社プラムザのプレスリリース画像

株式会社プラムザはノーコード・ローコード技術を用いた新サービス「ノーコード開発ラボ」を8月1日にリリースしました。企業のDX推進に伴うシステム開発費の高騰を解消すべく、従来のシステム開発費を1/2~1/3に抑えることが可能な低コスト・短納期の開発を提供します。システム開発25年の実績を活かし、ノーコード&ラボ型開発の組み合わせも柔軟に対応可能。開発プラットフォーム選定から、顧客との密接なコミュニケーションを大切にして理想のシステム開発を実現します。

業務システムなどの受託開発を行う株式会社プラムザ(本社:東京都港区 代表取締役:島田 徹)は、ノーコード・ローコード技術を活用し低コスト・短納期でシステム開発を請負うサービス「ノーコード開発ラボ」を8月1日(火)にリリースしました。


【サービス開始の背景】
消費者ニーズや価値観の変化・労働力不足などにより、企業のDX推進は今後も拡大傾向が予想されるなか、システム開発費用の高騰化が懸念されています。これはプログラマーの平均年収が近年では増加傾向が続いている(厚労省資料より)のが大きな要因です。


【ノーコード開発ラボについて】
このような背景から、ノーコード・ローコード技術を活用することで従来のシステム開発費用の1/2~1/3程度のコストカットを可能にするシステム開発サービス「ノーコード開発ラボ」をリリースしました。「システム開発の見積もりを取得したが思った以上に高かった」、「オフショア開発に惹かれるが品質が不安」、「スタートアップなのでまずはスモールスタートしたい」といった企業のニーズにお応えします。


① 低コスト・短納期
ノーコード、ローコード技術を活用することで従来システム開発の1/2~1/3程度コストカットが可能です。希望であればフルスクラッチで開発時の見積もりもご提示し、どちらか選択して頂けます。


② システム受託開発25年の実績
創業から25年を超え、官公庁・治体、企業・店舗など、さまざまな業種業界の開発に携わってきた実績を有しています。その経験からお客様の多種多様な要望をお受けして、提案・開発することが可能です。

「株式会社プラムザは、ノーコード・ローコード技術を活用して48万円からシステム開発を請負う「ノーコード開発ラボ」を8月1日(火)にリリースしました。」のページです。デイリーニュースオンラインは、株式会社プラムザローコードラボ型開発web制作ホームページ制作ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧