KAT-TUN亀梨和也、北山宏光“脱退後のキスマイ”に助っ人加入提案が話題に

デイリーニュースオンライン

Photo by josemanuelerre(写真はイメージです)
Photo by josemanuelerre(写真はイメージです)

 8月14日に放送された『CDTV ライブ!ライブ!真夏の4時間半スペシャル』(TBS系)に、Kis-My-Ft2(以下、「キスマイ」)とKAT-TUNの亀梨和也が出演。トークで共演を果たした。

 今月31日をもってキスマイを卒業し、ジャニーズ事務所を退所する北山宏光。亀梨とキスマイと言えば、キスマイがジャニーズJr.時代にKAT-TUNのバックダンサーをしていたことから、いわゆる直属の先輩・後輩の関係。とはいえ、北山とは学年が同じで最近までドラマで共演していたことから仲が良い様子。また、両グループともにメンバーのイニシャルがグループ名になっているという共通点がある。

 そこで、7人へのメッセージを求められた亀梨は、「キスマイは、ずっとバックについてもらっていたので、あとで写真撮ろう」と声かけ。

さらに「(キスマイは)KAT-TUNと同じ、イニシャルでできてるんで。ちょっとこんなこと言っていいか分かんないですけど、炎上しちゃうかもしれないですけど……」と切り出すと、「北山が抜けて、僕が入ったら、“カスマイフット”でいきましょう」「ちょっと“カスマイ”になりますけど。もし良かったら。スケジュール空いてたら」と茶目っ気たっぷりに提案。

 これに北山は「KAT-TUNがあるの」「ちょっとゴロ悪い」とすかさずツッコみ。キスマイの宮田俊哉も「いやいや(笑)」と大爆笑しており、一応、北山はメンバーのほうを向いて「どう?」と確認をとっていた。

 自身の発言を「炎上しない?大丈夫?」と心配していた亀梨だったが、最後はKAT-TUNのデビュー曲『Real Face』の歌詞にあるように「ギリギリで生きてるから」とコメントし、北山から「そうね!ギリギリだもんね」と言われていたのだった。

 このやり取りにネット上は「北山くん(Ki)が抜けたら亀梨くん(Ka)がキスマイに入って、カスマイにしようと企んでるのめっちゃおもろい」「亀梨くんがキスマイに入ってカスマイになったらKAT-TUNがT-TUNになるんでやめてくださいww」といった反応で沸いていた。

 亀梨とキスマイの集合写真は、CDTVの公式X(旧:Twitter)や亀梨の個人インスタグラムアカウントに掲載されている。これにも「Kis-My-Ft2のこんなに楽しそうな笑顔を引出してくれた亀梨くんに感謝です」「亀兄とキスマイ7人。一緒に写るのJr以来になるのかな?素敵な写真」「みんな笑ってるー!ちょっとホッとしました。亀梨さんが一緒にいてくれて良かったです」との声が集まっていた。

「KAT-TUN亀梨和也、北山宏光“脱退後のキスマイ”に助っ人加入提案が話題に」のページです。デイリーニュースオンラインは、KAT-TUN亀梨和也エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧