凄くワケがありそうな「訳ありみかん」、メルカリで発見される グラサン集団の正体は?出品者に聞く

Jタウンネット

凄くワケがありそうな「訳ありみかん」、メルカリで発見される グラサン集団の正体は?出品者に聞く
凄くワケがありそうな「訳ありみかん」、メルカリで発見される グラサン集団の正体は?出品者に聞く

出品されているものを買ったり、要らなくなったものを売ったりできる日本最大のフリマサービス「メルカリ」。そこに、「凄く訳のありそうなもの」が出品されていた。

それがこちら。

凄く訳がありそう...(メルカリのスクリーンショット)

これは和歌山県海南市でみかんなど柑橘類を栽培している森本農園が「メルカリShops」で販売している「訳ありの有田みかん」の商品ページに掲載された写真。

サングラスをかけた5人が並んでいて、4人が腕組み、1人のおばあちゃんが杖をついた状態で立っている。

サングラス姿の5人が並んでいる姿には威圧感があり、何だかもの凄く"訳"がありそう。

商品であるみかんの写真も掲載されていたが、なぜサングラス姿で並んだ写真まで採用したのか。そして、なぜこのような写真を撮影したのか。2023年11月20日、Jタウンネット記者が森本農園を取材した。

農家とのギャップを作りたかった

Jタウンネット記者の取材に応じたのは、森本農園の森本和真代表。

グラサン写真で真ん中に立っている人物だ。なお、右の2人が森本代表の両親で、一番左が祖母。杖をついているのは曽祖母だ。曽祖母のボス感、半端ねえ......。

農家とのギャップを(画像提供:森本農園)

この写真を「訳ありみかん」の商品ページに採用したのは、「少しでも興味を持ってもらうため」。

「とにかく『おっ!』となって欲しかったのが理由です。『なんだこの農家は!』となってもらえることで弊園に興味を持ってもらう作戦でした」

写真のイメージは、「農家らしくない農家」だという。「農家とのギャップを作りたかった」と森本代表は語る。

「農家というと、閉鎖的なイメージが世間一般的に持たれていると思うのですが、それをまず自分が払拭していきたいという思いで撮影しました」

さて、これだけインパクトがあって、"農家"のイメージとのギャップを感じる写真を見せられると、肝心の商品である、みかんの「訳あり」の基準について気になる人もいると思う。

森本農園のみかん(画像提供:森本農園)

それについては、外見が著しく悪いもの、傷が付いているもの、市場に出さない規格外のものを「訳ありみかん」としてメルカリで販売しているとのこと。

森本和真代表(画像提供:森本農園)

最後に森本和真代表に、みかん作りに対する思いも語ってもらった。

「みかん作りは暑いし、しんどいし、正直楽しくないです。ですが、お客様にお届けして『今年もおいしかったよ!ありがと!次もよろしくね!』というお声がこの上なく嬉しくて、その一声のためだけに無心でみかんづくりに取り組んでおります。これからは温暖化問題が深刻になるので、そこで耐えられるような品種を作るなど、今まであまりしてこなかった農家さんの形を自分が作ることで後継者問題、若者の参入を自分が引っ張って行きたいと思っております。若者農家のリーダーとしてこれからの農業を引っ張っていきたいと思っております」
ノーグラサンバージョンの皆さん(森本農園の公式サイトより)

みかんづくりだけでなく、農家の未来についても熱く考える森本代表。彼の作るみかんの味が、ますます気になってきた!

「凄くワケがありそうな「訳ありみかん」、メルカリで発見される グラサン集団の正体は?出品者に聞く」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧