こんなにたくさんの種類が!47都道府県「体の温まるホカホカご当地おでん」ランキング (1/2ページ)

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

 食品メーカー『紀文食品』(本社・東京)が行っているアンケート『紀文・鍋白書』において、1997年から25年連続で鍋喫食率1位をキープしているのが国民食“おでん”だ。

 日ごとに寒さが増すこの季節は、ホカホカのおでんで、身も心も温まろう。

 ということで今回は、有識者協力のもと、全国のご当地おでんを徹底調査。『週刊大衆』編集部が選んだた十傑を紹介しよう。

「室町時代に生まれた、豆腐を焼いた“みそ田楽”が江戸時代に入り、現在の形の煮込み料理の“おでん”へと進化しました。最初は、江戸の町の屋台料理の一つで、いわゆるファストフードだったんです」

 こう解説するのは、ご当地グルメ研究家の椿氏だ。現在、おでん屋台は減っているが、近所で手軽に食べられる、コンビニおでんが大人気だ。

 そのコンビニでも楽しめるおでんの中で異彩を放つのが、第10位の『沖縄風おでん』だ。

「沖縄のコンビニはご当地色が強く、おでんも個性的。沖縄では定番の具のテビチ(豚足)、ソーセージなどはもちろん、最後の締めに食べる、沖縄そばの麺も販売しています。ちなみに、粒マスタードをつけて食べるのが沖縄流です。スタミナ満点の味わいなので、ぜひ、お試しを」(前同)

 第9位は、愛知県の『名古屋風みそおでん』。

「甘くてコクのある、八丁みそのスープが食べ応え抜群。また、地元の居酒屋ではおでんとどて煮、串カツが定番メニューで、中には串カツを鍋にくぐらせてから提供するお店もあるんです。これがまたおいしい! 味が濃くて、ビールが進みますよ」(同)

 さらに、左党にはうれしい、こんなニュースも。

「食品メーカー『ヤマサ』がある豊橋市では、来年1月末まで“おでんしゃ”というイベント電車が運行されます。『ヤマサ』の練り物を使ったおでんや、特製の日本酒が車内で楽しめるので、オススメです」(同)

■増えているパイオニアおでん

 一方、名物おでん探究家の柳生九兵衛氏は、王道のみそおでん以外のおでんの存在を教えてくれた。

「こんなにたくさんの種類が!47都道府県「体の温まるホカホカご当地おでん」ランキング」のページです。デイリーニュースオンラインは、ランキングカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧