名古屋市教育委員会 「教員団体」から年間200万円以上受け取り 校長に出世するための『裏金』か!? (1/2ページ)

TREND NEWS CASTER

名古屋市教育委員会 「教員団体」から年間200万円以上受け取り 校長に出世するための『裏金』か!?
名古屋市教育委員会 「教員団体」から年間200万円以上受け取り 校長に出世するための『裏金』か!?

名古屋市教育委員会が、複数の教員団体から、毎年200万円を超える現金を受け取っていたと公表した。

校長に推薦する名簿とともに

名古屋市教委によると、教員の人事を担当する教職員課が、小中学校の校長で構成される「校長会」など、80以上の教員団体から現金約5,000円~3万円を、毎年受け取っていたという。

(画像:名古屋市役所)

総額は、年に200万円を超える。

また、各団体は校長に推薦する教員の名簿とともに、現金を納めていた。

教員が、校長に出世するための『裏金』だった可能性もある。

教育実習でプレゼント要求

教育実習で、『汚れた教員の世界』を目の当たりにした取材班は、「やっているだろうな」という感想しかない。

実習最終日、中学教頭に「感謝の気持ちとしてのプレゼント」を要求された。

また、「お疲れ様会」と称した飲み会に、早朝まで連れ回されたことも。

その際大学生に対して、教員たちが「公務員はおごれないんだよ」と言い、均等に割り勘された金額を請求された。

「話が通じない」

実際に、生徒がいじめの被害にあった保護者を複数取材すると、「校長や教委担当者とは、話が通じない」と何度も聞いた。

また、教委の担当課長から「弁護士を連れて来いと言われた」といったケースも取材した。

最近、メディアをにぎわす教員の不祥事。

教師が生徒に問題行動をしてしまった場合、校長や当事者である教師が保護者に謝罪する場合が一般的だ。

「名古屋市教育委員会 「教員団体」から年間200万円以上受け取り 校長に出世するための『裏金』か!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、校長会教職員課名古屋市教育委員会教員名古屋市社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧