旅好きなら絶対コレ!次の旅行で活用したいアノ制度2つ

Woman Money

旅好きなら絶対コレ!次の旅行で活用したいアノ制度2つ

子どもたちの夏休みも始まり、来月にはお盆休みです。旅行を楽しみにしているご家庭も多いのではないでしょうか。もしかすると、「旅行は好きだけど、その都度サイフが大打撃!」となっている人もいるかもしれませんね。

今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が、旅好きのアナタなら必見の制度を2つお教えします。

■高い利回りが魅力の旅行積立! 

旅行積立というのは、旅行会社や航空会社へ、「毎月○○円を○ヶ月積み立てます」と積み立てたり、「まとまったお金を○ヶ月間預けます」と預けたりして、満期後にその金額よりも多い旅行券を受け取れる制度です。

会社やプランにより異なりますが、利回りは概ね1.5%~3%です。例えば、年利率1.75%で毎月10,000円積み立てた場合、1年後には1,137円上乗せされた121,137円分の旅行券を受け取れる計算になります。

ただし、その会社のツアーや航空券にしか使えないので、日頃よく利用する旅行会社や、倒産しないであろう航空会社を選ぶことが重要になります。その会社のクレジットカードを利用すれば、さらにオトクになることもありますよ。

■ふるさと納税で“旅行と税金”Wでオトクに! 

旅行先が決まっている場合、ふるさと納税の“お礼の品”に現地の宿泊割引券などがないか確認してみましょう。宿泊割引券に限らず、例えば帰省ついでに子どもたちと遊べる施設の優待券なども探してみるといいでしょう。

宿泊割引券や優待券を得るために10,000円納税した場合、所得税・住民税が8,000円安くなるので、実質2,000円の自己負担で手に入れたことになります。所得税や住民税が安くなるふるさと納税の金額(自己負担が2,000円ですむ最大寄付金額)は、人それぞれですので、「わたしや夫の場合、いくらなの?」と気になった場合には、役所の住民税を扱っている窓口へ相談するといいですよ。

いかがでしたか? 毎年、旅行や帰省をしている人であれば、計画的に使えますね。旅行中は、旅行保険への加入も忘れず、安全・安心・そしてオトクに。思い出に残る旅行にしたいですね。

(鍛治田祐子)

「旅好きなら絶対コレ!次の旅行で活用したいアノ制度2つ」のページです。デイリーニュースオンラインは、女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧