リアル『バック・トゥ・ザ・フューチャー』か? 奇妙な絵画と人類消滅

まいじつ

(C)Sergey Nivens / Shutterstock
(C)Sergey Nivens / Shutterstock

この絵は19世紀初頭に欧州で活躍した『フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー』という著名な宮廷画家が1860年に描いた作品だが、小道を歩く少女の手元をよく見て頂きたい。何と「スマホらしき物」を凝視しながら両手で操作しているではないか! これを※スコットランドに住む『ピーター・ラッセル』という人物がツイッター上で指摘すると「凄い!」「タイムトラベラーの仕業だ!」などと、たちまち大反響を呼んだのだが...

「リアル『バック・トゥ・ザ・フューチャー』か? 奇妙な絵画と人類消滅」のページです。デイリーニュースオンラインは、タイムトラベルオカルトSFカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧