『ポツンと一軒家』スタッフの非常識にアゼン…「恐怖を感じた」

まいじつ

『ポツンと一軒家』スタッフの非常識にアゼン…「恐怖を感じた」

3月1日放送の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)で、スタッフが一軒家に向かう途中で見せたある行動に視聴者は「危ない!」「恐怖を感じた」と批判の声を上げている。 番組後半、スタッフは山口県の山中にある一軒家を訪問。いつものように、最寄りの集落で農作業中の一般人に声を掛け、衛星写真のプリントを見せて道を聞き出した。 スタッフに道を聞かれた82歳男性は航空写真を見るなり、一軒家の住人が分かった様子。道を説...

「『ポツンと一軒家』スタッフの非常識にアゼン…「恐怖を感じた」」のページです。デイリーニュースオンラインは、番組批判ポツンと一軒家バッシング恐怖テレビ朝日エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧