コロナ禍で変わる葬儀「ご遺体は透明なケースに」「遺品にもウイルスが…」

Asagei Biz

写真はイメージ
写真はイメージ

「新型コロナで志村けんさんが亡くなった際、実兄は遺体との対面すら許されず、『悔しい』と涙を浮かべていました。岡江久美子さんの夫の大和田獏さんは、火葬にも立ち会えなかったようです。このコロナ禍で葬儀の仕方は大きく変わりました。実際、コロナ死が疑われるケースでは、葬儀会社の担当者が防護服着用で業務に務めています」(社会部記者) 39県で緊急事態宣言が解除された5月14日、愛媛県内の医療機関で感染源不明の...

「コロナ禍で変わる葬儀「ご遺体は透明なケースに」「遺品にもウイルスが…」」のページです。デイリーニュースオンラインは、在宅療養PCR検査新型コロナウイルス岡江久美子防護服社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧