戦国時代、結婚を拒んで壮絶な最期を遂げた悲劇の美女・藤代御前の怨霊伝説【下】

Japaaan

戦国時代、結婚を拒んで壮絶な最期を遂げた悲劇の美女・藤代御前の怨霊伝説【下】

これまでのあらすじ 前回の記事 戦国時代、結婚を拒んで壮絶な最期を遂げた悲劇の美女・藤代御前の怨霊伝説【中】 陸奥国(現:青森県)の戦国大名・津軽為信(つがる ためのぶ)は、人妻である美女・藤代御前(ふじしろごぜん)に横恋慕。どうにかして我がものとするべく彼女の夫を謀殺しました。 それで(未亡人となった彼女が、生活のため仕方なく)なびくかと思いきや、亡き夫への貞節を守るため、為信の申し出を拒絶し...

「戦国時代、結婚を拒んで壮絶な最期を遂げた悲劇の美女・藤代御前の怨霊伝説【下】」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤代御前津軽為信怨霊戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧