伊達政宗は徳川家康の作った城に住まわされ…:江戸時代の地理風水を駆使した都市設計【2】

Japaaan

伊達政宗は徳川家康の作った城に住まわされ…:江戸時代の地理風水を駆使した都市設計【2】

前回の記事はこちら 江戸の家康、仙台の政宗の鬼門封じ:江戸時代の地理風水を駆使した都市設計【1】 伊達政宗は、山形の米沢城で生まれ育ちましたが、豊臣秀吉の奥州仕置に合い宮城県北部の大崎岩手沢(現・岩出山)へ移封されました。その岩手山城の縄張りを行ったのが徳川家康です。 -政宗の移封に先立ち、当時奥州の検地を行っていた徳川家康は岩手沢城に約40日滞在し、その間に城の縄張りや改修修築を行った後に伊達...

「伊達政宗は徳川家康の作った城に住まわされ…:江戸時代の地理風水を駆使した都市設計【2】」のページです。デイリーニュースオンラインは、仙台江戸時代風水カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧